Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/102-39f35145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ことに仏智信疑の得失を明かし、盛んに浄土報化の往生を判ず

前回の記事では、『教行証文類』の概要を教えられた存覚上人の『嘆徳文』のお言葉を紹介しました。今日は、前回あまり触れなかった、

ことに仏智信疑の得失を明かし、盛んに浄土報化の往生を判ず。

について述べます。

『教行証文類』は仏智信疑の得失を明かした書であり、そこには仏智を信受する者は報土往生でき、仏智を疑惑する者は化土に止まるということが説かれているのだと存覚上人は仰っています。


『教行証文類』の構成を少し見てみましょう。

『教行証文類』一部六巻の内容は、真実の巻と方便の巻に分けられます。

真実の巻である前五巻は、十八願の内容を五願(十七願・十八願・十一願・十二願・一三願)六法(教・行・信・証・真仏・真土)に開かれたものです。
一方、『方便化身土文類』は標挙に「至心発願の願」「至心回向の願」とあるように、その中心は十九願・二十願です。

真実の巻では、教・行・信・証・真仏土と、行信の因が先で証・真仏土が後に説かれています。
一方、方便の巻では

つつしんで化身土を顕さば、仏は『無量寿仏観経』の説のごとし、真身観の仏これなり。土は『観経』の浄土これなり。また『菩薩処胎経』等の説のごとし、すなはち懈慢界これなり。また『大無量寿経』の説のごとし、すなはち疑城胎宮これなり。

と巻頭に化身化土の果を出され、その後で十九願・二十願の行信の因が明らかにされています。

真実の巻では因から果の順に説かれ、方便の巻では果から因の順に説かれているのは、報土往生という果に対し、化土往生という明らかな果の失を示されることにより、方便の行信に問題があるということを教えるためです。

このことは、古来、稲と稗の喩えで示されています。苗の間は、稲と稗の区別はつきにくいのですが、秋になって実ったものをみれば誰にでも区別がつきます。先に実を示して、因(たね)に問題があることを明かすという説き方です。つまり、『方便化身土文類』に示される行信は「この道にはいかないように」ということで教えられたものなのです。

さて、真実の巻の中心は『信文類』であり、そこでは他力の信心が明らかにされています。一方、『化身土文類』に明らかにされる十九願・二十願の信は、自力の心です。仏智を信受するが故に報土に往生し、仏智を疑惑するが故に化土に止まるという、仏智信疑の得失を明らかにされたのが『教行証文類』なのです。ゆえに、

ことに仏智信疑の得失を明かし、盛んに浄土報化の往生を判ず。

と存覚上人は教えられました。

このような仏智信疑の得失は遡れば、『大無量寿経』に説かれていることです。

そのときに慈氏菩薩(弥勒)、仏にまうしてまうさく、「世尊、なんの因、なんの縁ありてか、かの国の人民、胎生・化生なる」と。仏、慈氏に告げたまはく、「もし衆生ありて、疑惑の心をもつてもろもろの功徳を修してかの国に生れんと願はん。仏智・不思議智・不可称智・大乗広智・無等無倫最上勝智を了らずして、この諸智において疑惑して信ぜず。しかるになほ罪福を信じ善本を修習して、その国に生れんと願ふ。このもろもろの衆生、かの宮殿に生れて寿五百歳、つねに仏を見たてまつらず、経法を聞かず、菩薩・声聞の聖衆を見たてまつらず。このゆゑに、かの国土においてこれを胎生といふ。
もし衆生ありて、あきらかに仏智乃至勝智を信じ、もろもろの功徳をなして信心回向すれば、このもろもろの衆生、七宝の華中において自然に化生し、跏趺して坐し、須臾のあひだに身相・光明・智慧・功徳、もろもろの菩薩のごとく具足し成就せん。


(現代語訳)
そのとき弥勒菩薩がお尋ねした。
「 世尊、いったいどういうわけで、その国の人々に胎生と化生の区別があるのでしょうか 」
釈尊が弥勒菩薩に仰せになる。
「 さまざまな功徳を積んでその国に生れたいと願いながら疑いの心を持っているものがいて、無量寿仏の五種の智慧を知らず、この智慧を疑って信じない。それでいて悪の報いを恐れ、善の果報を望んで善い行いをし、功徳を積んでその国に生れたいと願うのであれば、これらのものはその国に生れても宮殿の中にとどまり、五百年の間まったく仏を見たてまつることができず、教えを聞くことができず、菩薩や声聞たちを見ることもできない。そのため、無量寿仏の国土ではこれをたとえて胎生というのである。
 これに対して、無量寿仏の五種の智慧を疑いなく信じてさまざまな功徳を積み、まごころからその功徳を持ってこの国に生れようとするものは、ただちに七つの宝でできた蓮の花に座しておのずから生れる。これを化生といい、たちまちその姿を光明や智慧や功徳などを、他の菩薩たちと同じように、欠けることなく身にそなえるのである。


このように、仏智疑惑の者は胎生(化土往生)、明信仏智の者は化生(報土往生)と仏智信疑の得失を説かれ、仏智疑惑が誡められて仏智を疑いなく信受することが勧められているのです。


『方便化身土文類』に説かれている行信は、実行させるために説かれたのではなく、誡めるために説かれたものなのです。

親鸞会では、説かれていることは何もかも獲信と関係あることと捉えて、「我々の獲信と無関係なことなら教えられるはずがない」などと言いますが、実行させるためではなく、誡めるために説かれるということもあることを知って頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/102-39f35145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。