Entries

ああなった、こうなったの体験談を掲載する『顕真』10月号

最近の親鸞会の公式ホームページに掲載されているマンガは、「体験談を語る者には近づくな!」というメッセージのオンパレードです。

【マンガ】「おぞましや体験談」の巻より引用
http://www.shinrankai.or.jp/b/tannisyou/hiraku-comic29.htm
・今日もまた 得意に話す 体験談
・体験談 ほかに売り物 さらになし
・このような 悩み苦しみ オレはした だから聞けたと 自慢体験


【マンガ】「スガルの改心」の巻より引用
http://www.shinrankai.or.jp/b/tannisyou/hiraku-comic31.htm
・おぞましや 名聞利養に 体験談
・教えなし 寝ても覚めても 体験談
・体験談 自己宣伝の ほかはなし
・依存症 体験談こそ いのち綱
・善知識 なぜか記さぬ 体験記


【マンガ】「迷海惑乱」の巻より引用
http://www.shinrankai.or.jp/b/tannisyou/hiraku-comic33.htm
・あさましや バーゲン信心 体験談
・教えなし 体験談が 自慢種


といった具合です。

また、過去の『顕真』にも、個人名を挙げての「信・不信」は言うべきことでも、書くべきことでもないとか、「私はああだった」「こうなった」のは体験談は私事であり教えを聞くべきだというような内容の記事がよく掲載されていました。体験談を読むこと、聞くことを禁じ、体験を語る団体には近づかないようにという趣旨の記事です。

ところが、『顕真』平成22年10月号には、

60年変わらぬ真摯な聞法
 本願まことを知らされた
  高森先生との出遇い

と題する記事があり、そこには、ある人の体験談が掲載されているのです。一部分引用しましょう。

 しかし、上の心が焦って聞けば聞くほど、平気でいる下の心が苦になり始めました。真剣に聞法するほど、心の底は全く動かぬように感じ、まるで鉄の扉でした。
 そうして最後に知らされたのは、何にも分からない自分であった、ということでした。
 地獄一定、堕ちる姿のそのままを知らされ、それと同時、阿弥陀さまの呼び声が、一念慶喜となって聞こえてくだされたのです。信心歓喜、歓喜踊躍、広大難思の慶心となって奥底からわき上がってくださいました。
 自分のすべてが知らされ懺悔となり、報謝となって、お念仏が込み上がってくるのです。破闇満願、光明の広海、手の舞い足の踏むところもありませんでした。
 私は、村の人々に叫び続けて歩きました。中には、ののしり、笑う人もありました。しかし私は、言わずにおれなかったのです。
 阿弥陀さま、ようこそお救いくださいました。広大なるこのご恩、どうしてお返しできましょうか。せめて、縁ある人々にこの幸せをお伝えします。
 この世で高森先生とお会いできなかったならば、また、闇から闇へ苦しむ人生であったでしょう。真実の仏法を聞ける所は、浄土真宗親鸞会以外にありません。
(29頁より引用)


これこそ、「私はああだった」「こうなった」の体験談です。
会員さんは、日頃、会で教えられていることと、今回の『顕真』の記事の内容との関係をどのように理解しているのでしょうか?
思考停止で何も思わないのでしょうか?

真実の仏法を聞ける所は、浄土真宗親鸞会以外にありません。

というような体験談ならば、読ませてもかまわない、いや、むしろ大いに読ませなさいという深い御心ですか?


さらに、この体験談には知識帰命を肯定する以下のような文も書かれています。

「どこかに、心から喜べる教えを聞かせてくれる人はいないのか」
と思っていたある日、近くの村に〝生き仏さま〟が来られると耳にしたのです。昭和24年9月17日、高森先生との出会いでした。
(28頁より引用)


ここには、〝生き仏さま〟=「高森会長」の構図が見えます。

会の機関誌に知識帰命を助長するような文章を平気で載せることを許可するような人物は、果たして「善知識」と言えるのでしょうか?

親鸞聖人は、『化身土文類』に、

今日より法に依りて人に依らざるべし

のお言葉を引文され、蓮如上人は『帖外御文』に

かへすがへす当山へなにのこゝろえもなきひときたり、予に対面して手をあはせおがめることもてのほかなげきおもふところなり。さらにもてたふときすがたもなし、たゞ朝夕はいたづらに、ねふせるばかりにて不法懈怠にして不浄きはまりなく、しばらくさき身にてありけるををがみぬること真実真実かたはらいたき風情なり。

と仰って、自らに手を合わせ拝んだ人を嘆いておられます。自らを礼賛することを許す高森会長とは正反対です。

親鸞会で使われる「信仰」という言葉を当ブログでも何回か取り上げてきましたが、「信仰」という言葉には「高森先生に対する気持ちの強さ」といった意味合いもあるように感じます。
親鸞会は、「高森先生を信仰する団体」になってしまっているのではないでしょうか?
自分が向かっている先は何なのかを会員の皆さんは一度立ち止まって見つめてみるとよいと思います。
スポンサーサイト

コメント

[C134]

1
高森先生から、仏教を聞かせていただ


いて、救われた話しなら、いいではござ


らぬか??先生の教え通りに、求めて


阿弥陀仏に救われた者は、


阿弥陀仏のお導きにより、高森先生の


御話しを聞いて下さいと、言わずにはお


れないですぞ!!


阿弥陀様に救っていただいた者は、


高森先生の説法を聞いて下さいと


叫ばずには、おれないのですぞ!!



救われた救われたと言っておきながら、


善は遠回りだと、間違ったことを教える者こそ、


体験談を語らずとも、そなたこそ、真の悪知識では、


ござらんか??


善の勧めを否定しては、せっかく阿弥陀様が、



発菩提心、修諸功徳と、調機誘引なさっておられるのに、


これでは、真剣に、求める者は、いつまでも、東岸とにて


そなたのような、群賊悪獣悪知識と、ダンスして遊んでい


るようなものですぞ!!





られているようなもの。

  • 2010-11-11 18:42
  • 本太郎
  • URL
  • 編集

[C137]

「いつまでも、東岸とにて 」

「られているようなもの。」

こういうちょっとしたミスが、
「わざわざこういうキャラを作って
 ネット対策やらされてる」って
滲み出るような書き込みに見えて
哀愁が漂ってくるね・・・
贈与契約書の件といい、大変だなあ

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/105-dfcc905b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR