Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/115-a7186298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

誠なるかな、摂取不捨の真言、超世希有の正法

誠なるかな、摂取不捨の真言、超世希有の正法 (教行証文類・総序)

今日は「摂取不捨の真言」について味わわせて頂きましょう。

『観無量寿経』に説かれている

一々の光明は、あまねく十方世界を照らし、念仏の衆生を摂取して捨てたまはず。

と、『阿弥陀経』に説かれている

かの仏の光明無量にして、十方の国を照らすに障碍するところなし。このゆゑに号して阿弥陀とす。

とのお言葉によって、善導大師は『往生礼讃』に、

かの仏の光明は無量にして十方国を照らすに障礙するところなし。ただ念仏の衆生を観そなはして、摂取して捨てたまはざるがゆゑに阿弥陀と名づけたてまつる。

と説かれました。それを、親鸞聖人は『浄土和讃』弥陀経讃に

十方微塵世界の 念仏の衆生をみそなはし
摂取してすてざれば 阿弥陀となづけたてまつる


と詠まれています。国宝本の「摂取」の左訓には、

摂めとる。ひとたびとりて永く捨てぬなり。摂はものの逃ぐるを追はへ取るなり。摂はをさめとる、取は迎へとる

とあります。念仏の衆生を阿弥陀仏の光明の中にしっかり摂め取って、決して見捨てることがないというのが「摂取不捨」ということです。

ここで、「摂はものの逃ぐるを追はへ取るなり」と仰っていることに注意しなければなりません。如来に背き、逃げようとしている私たちをどこまでも追い求め、念仏の衆生に育て上げ、救いとって下さるのが阿弥陀仏なのです。

決して、自分の方から善を実行して信仰を進めて、宿善を厚くして阿弥陀仏に向かっていくのではありません。念仏を称えて仏に向かっていくならば、摂取しようということでもありません。勤行をしっかり欠かさずしているものを迎えとるということでもありません。
私から阿弥陀仏に向かっていくのではないのです。真実に背き、反逆する私を阿弥陀仏の方から迎え取って下さるのです。
つまり、「光に向かって進ませて頂きます」の光が「摂取不捨の利益」を指しているとするならば、向きが正反対なのです。

そして、この「摂取不捨」は、「摂取してすてざれば阿弥陀となづけたてまつる」と仰っているように、阿弥陀仏という名にあらわされている救いのいわれのことでありました。

阿弥陀仏から逃げ惑う私に向かって、「われにまかせよ(南無)、必ず助ける(阿弥陀仏)」と招喚し続けている大悲招喚の勅命こそ、南無阿弥陀仏という本願の名号であり、それを総序では「摂取不捨の真言」と仰っていたのです。

誠なるかな、摂取不捨の真言、超世希有の正法
聞思して遅慮することなかれ。


南無阿弥陀仏を疑いをまじえず聞き受けよとの聖人の御心を感じます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/115-a7186298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。