Entries

親鸞会の「三願転入の教え」という邪義はどんなことなのか?

Q 親鸞会の「三願転入の教え」という邪義というのは、どんなことをいうのでしょうか。

A

これは浄土真宗ではあまり見られない、親鸞会で説かれる獲信への道程(方法論)です。

一口でいいますと「後生の一大事の解決の道」として「十九願、二十願と進んで十八願に入るのだ。信一念の決勝点を突破するにはこの道(十九願・二十願)を通って進んでいかねばならないのだ」と説く邪義をいいます。これらの人たちはしきりに親鸞会へ献金すること、親鸞会の法話会場に人を勧誘してくることを勧めます。

また、これらの人々は「信前であろうと、真剣に求めている人は観音菩薩の臨終説法にあえる」と親鸞会で推進される活動に励むことはよいことだと思い込ませますから、「平生業成に反する邪義」ともいえます。

昔から盗人にも三分の理というように、「三願転入の教え」という邪義を勧める者たちにも、それ相当の理屈があります。彼らの言う理屈を2、3あげてみますと

『19願に修諸功徳の善が誓われているではないか』
『釈尊はイダイケ夫人に定善を勧めているではないか』
『親鸞聖人は「おほよそ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり。これを要門といふ。これを仮門となづけたり。(一念多念証文)」とおっしゃっているではないか』
『それどころか、親鸞聖人は「教行信証」に「三願転入の御文」を説かれているではないか。我々の獲信と無関係なことを親鸞聖人は教えられたとでもいうのか』
などと強く主張いたします。

素人は、これらの言葉をちょっと聞くと、十九願の行・二十願の行を実践していった先に獲信があると教えられたのが親鸞聖人のように思いましょうが、多少でも浄土真宗の学問をした者にはとんでもない邪義であり、異義だということが分かります。

また、このようなことを認めますと、浄土真宗の教義は根本から転覆するのです。なぜなら、真宗の教義は、「本願力回向・他力回向」であり、阿弥陀仏の本願力によってのみ助かるのであって、行者の側から仏に向かう自力回向は一切認めないからです。

では、彼ら邪義者の言う根拠はどうなるのかと申しますと、親鸞聖人が、その著作に八万四千の法門、十九願や『観無量寿経』の顕説などに触れられているのは、真実である弥陀の十八願に対して、八万四千の法門、それを収めた要門(十九願)、また真門(二十願)は権仮方便の教説であることを明らかにするためなのです。

そもそも、『教行証文類』では『行文類』の「正信偈」の偈前の文に、
おほよそ誓願について真実の行信あり、また方便の行信あり。
と、阿弥陀仏の誓願には「真実の行信」を誓われたものと「(権仮)方便の行信」を誓われたものがあると仰っています。そして、
その真実の行の願は、諸仏称名の願(第十七願)なり。その真実の信の願は、至心信楽の願(第十八願)なり。これすなはち選択本願の行信なり。
その機はすなはち一切善悪大小凡愚なり。往生はすなはち難思議往生なり。仏土はすなはち報仏・報土なり。これすなはち誓願不可思議一実真如海なり。『大無量寿経』の宗致、他力真宗の正意なり。

と真実の行信を明らかにされ、その行信によって得る往生は難思議往生(報土往生)であることが教えられています。

それに対して、「(権仮)方便の行信」を誓われた十九願、二十願については『化身土文類』において詳細に説き示されています。その冒頭に、
化身土文類六(本)
[無量寿仏観経の意なり]
至心発願の願 {邪定聚の機 双樹林下往生}
[阿弥陀経の意なり]
至心回向の願 {不定聚の機 難思往生}

とありますように、十九願の行信、二十願の行信によって得られる往生は双樹林下往生、難思往生といわれる化土往生です。このように、

真実 十八願の行信 → 難思議往生(報土往生)
方便 十九願の行信 → 双樹林下往生(化土往生)
方便 二十願の行信 → 難思往生(化土往生)

と示されることによって、化土往生の因である方便の行信ではなく、報土往生の因である真実の行信一つを聖人は勧めていかれたのでした。

『化身土文類』では、要門(19願)について教えられた最後には、
経家によりて師釈を披くに、雑行のなかの雑行雑心・雑行専心・専行雑心あり。また正行のなかの専修専心・専修雑心・雑修雑心は、これみな辺地・胎宮・懈慢界の業因なり。ゆゑに極楽に生ずといへども三宝を見たてまつらず。仏心の光明、余の雑業の行者を照摂せざるなり。仮令の誓願(第十九願)まことに由あるかな。仮門の教、欣慕の釈、これいよいよあきらかなり。
と仰り、要門の行では化土にしか往生できず、化土に往生できたとしても「三宝を見たてまつらず」「仏心の光明、余の雑業の行者を照摂せざる」という欠点があることが説かれていて、決して要門の行が勧められてはいません。また、真門(20願)について教えられた最後には、
悲しきかな、垢障の凡愚、無際よりこのかた助正間雑し、定散心雑するがゆゑに、出離その期なし。みづから流転輪廻を度るに、微塵劫を超過すれども、仏願力に帰しがたく、大信海に入りがたし。まことに傷嗟すべし、深く悲歎すべし。おほよそ大小聖人、一切善人、本願の嘉号をもつておのれが善根とするがゆゑに、信を生ずることあたはず、仏智を了らず。かの因を建立せることを了知することあたはざるゆゑに、報土に入ることなきなり。
と大変厳しいお言葉で、二十願の自力念仏では報土往生できないということが教えられています。

こうしてみると、要門(十九願)の行信も真門(二十願)の行信も勧めておられず、偏に十八願により報土往生を遂げよと教え勧めていかれたのが親鸞聖人であることがお分かり頂けると思います。

そして、これらを承け、聖人ご自身の体験を通して、十九願、二十願は廃捨すべき権仮方便の法門であり、十八願こそ信ずべき法門であることを教えられたのが「三願転入の御文」です。
ここをもつて愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。善本徳本の真門に回入して、ひとへに難思往生の心を発しき。しかるに、いまことに方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり。すみやかに難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲す。果遂の誓(第二十願)、まことに由あるかな。

「三願転入の教え」という邪義を勧める者たちは、聖人が捨てよと教えられた法門を実行せよと真逆に教えているのです。説かれていることに「捨てさせるために説かれたこと」と「勧めるために説かれたこと」があることを知らなければなりません。何でもかんでも説いてあることを獲信と関係あることとするのは、非常に短絡的な思考です。「獲信と関係ありませんよ」と教えられているお言葉もあるということです。

最後に、親鸞聖人が自力回向を誡められたお言葉をいくつか提示しましょう。
まず、諸善を回向することを嫌われたお言葉としては、『唯信鈔文意』
「随縁雑善恐難生」といふは、「随縁」は衆生のおのおのの縁にしたがひて、おのおののこころにまかせて、もろもろの善を修するを極楽に回向するなり。すなはち八万四千の法門なり。これはみな自力の善根なるゆゑに、実報土には生れずときらはるるゆゑに「恐難生」といへり。「恐」はおそるといふ、真の報土に雑善・自力の善生るといふことをおそるるなり。「難生」は生れがたしとなり。
とあります。諸善を修めて極楽に回向するのが「八万四千の法門」であり、それでは真実報土に往生できないと仰っています。十九願はこれに相当します。
二十願の自力念仏を嫌われたお言葉はたくさんありますが、今は『浄土三経往生文類』のお言葉を挙げておきましょう。
定散自力の行人は、不可思議の仏智を疑惑して信受せず。如来の尊号をおのれが善根として、みづから浄土に回向して果遂のちかひをたのむ。不可思議の名号を称念しながら、不可称不可説不可思議の大悲の誓願を疑ふ。その罪ふかくおもくして、七宝の牢獄にいましめられて、いのち五百歳のあひだ自在なることあたはず、三宝をみたてまつらず、つかへたてまつることなしと、如来は説きたまへり。

ゆえに、自力諸善を修めて救いを求める、自力念仏を称えて救いを求めるという、自分が如来に向かっていくという方向性をもつ自力回向の教えは断じて浄土真宗ではありません。浄土真宗とは、『教文類』の冒頭
つつしんで浄土真宗を案ずるに、二種の回向あり。一つには往相、二つには還相なり。往相の回向について真実の教行信証あり。
と示されているように、往相と還相の二種の回向が如来から行者に恵み与えられる他力回向の教法なのです。

わが親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人を貫く浄土真宗の教えは、自力回向である十九願や二十願の教えではなく、他力回向である十八願真実の教えでありますから、信前信後を問わず、一貫してこの真実の教えを説かねばなりません。

もちろん、人によっては未熟の者もあって、他力回向の教えを説いても、なかなか分かってもらえない場合もありますが、だからといって「この道を進んでいくしかないのだ」と「三願転入の教え」という邪義を教え、方法論を説き与えてはならないのです。その証拠に、親鸞聖人や覚如上人、蓮如上人は、常に「他力回向」の真実を説き勧めて、「自力回向」を勧められたことはありません。

親鸞会が説く「三願転入の教え」というものが、浄土真宗の教義に反していることが分かって頂ければ幸甚であります。


称名正因の異安心とはどんなことなのか
http://www.shinrankai.or.jp/b/shinsyu/infoshinsyu/qa0421.htm
を参考に書いてみました。
スポンサーサイト

コメント

[C144] 「こんなことが知りたい①」をお持ちの方は

三七 称名正因の異安心とはどんなことなのか(p.125~p.128)

に書かれていますね。昔は「わが親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人を貫く浄土真宗の教えは、十九願や二十願の教えではなく、十八願真実の教え、いわゆる、信心正因、称名報恩の教えでありますから、信前信後を問わず、一貫してこの真実の教えを説かねばなりません。」な~んて書いていたのに、今では十九願ばっかり説いているのはどういうことでしょうね。これを指摘されておかしいと思わず、先生の深い御心と思ってしまう人はよっぽど高森先生信心という自力の信心が強い方でしょう。

  • 2010-12-26 22:32
  • 淳心房
  • URL
  • 編集

[C145]

>淳心房様

時代とともに変わる教えだから仕方ありません。会員さんも、「最新の話をまねせよ」と指導されているので、昔は対機説法でそのように説かれていたのだとか勝手に脳内変換しているのかもしれません。強固な高森先生信心があることは間違いないでしょうが。
  • 2010-12-26 23:24
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

[C146]

灘本和上は「真宗教義にも不易と流行がある。教義は時代とともに解明や発展はあるが、安心そのものは一貫して変わらない」と言われてましたが、会長の所説には流行はあっても不易はないですからねぇ…
教義も変わるし安心も変わりますね。しかも会と会長の都合によって。
会長にはもとより「正しい真宗の教えを伝えたい」などという気持ちは微塵もない、S会設立の動機が何であったのかがよくよくわかりますね。
  • 2010-12-27 14:40
  • Rudel
  • URL
  • 編集

[C147]

>Rudel様

会員さんには、この教義が変わっているということがなかなか気がつかないようです。年代順に高森会長の書いたものを読んでいけば分かるのですが、親鸞会や高森会長について完全に思考停止してしまっているのでしょう。
  • 2010-12-31 13:46
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/120-0045b3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR