Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/130-90a34a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親鸞会の教義はまさに三業派と共通する教え(コメント欄より)

前回の記事、『顕真』10月号『御文章2帖目8通』の意訳を読むで引用した
阿弥陀仏は、「崇高な願いをかかげ、実現できる準備を完了されている」と教えていただきました。ますます、「では、どうすればよいのか」という思いになります。
という会員さんの感想に関連して、Rudel様、広島の名無し様よりコメントを頂きましたので、紹介したいと思います。

[163]
>ますます、「では、どうすればよいのか」という思いになります。

聞法者の罪福心をつのるのみで、弥陀をたのむ(信順する)という事を教えない、悪い説法と言う他ないですね。
こちらの「どうすればよいのか」には一切用事はないのに。

なぜ御文章には端的に「自力を捨てて、助けてくださる阿弥陀如来に信順せよ」としか教えられていないのか。会員さんには一度よく考えていただきたいと思いますね。
2011-01-20 06:34 Rudel URL 編集

[164] 捧げ物が肝要?
「どうすればよいのかという思い」が会員さんの心に生じた時、親鸞会講師は勇躍してこう言うでしょう。「それには善です。財施です。破邪顕正です」と。と言っても、これは某アニメ第4部に出てきた「捧げ物じゃ~」を上品に言い換えただけです。
2011-01-20 21:45 広島の名無し URL 編集

[165] 追伸
名号願力の衆生に対する働き掛けを否定して、「どうすればよいのか」という、衆生の行為に問題を持っていくあたり、実にS会らしい(会長らしい)解釈ですよね。

S会は、三業惑乱のビデオを造ったり公式サイトに取り上げてますけど、功存師の『願生帰命弁』を読むと、「様々の事処諸縁に隔てられて、三業を揃えてたのめない者は、必ずしも三業を用いよと言うわけではない」と書かれており、三業派の主張の本質は「三業をそろえて云々」ではなく、実は
「タノムは希願請求である」
「衆生の側からの何らかの行為(意業含む)が獲信に関わる」
という二点なんですよね。

つまり、S会の教義こそ、まさに三業派と共通する教えなんですよね

会長は「タノムはお願いという意味ではなく、あてにする、うちまかせるという意味である」とは説明するけども、その一方で本派に対して
「本願寺は後生の一大事とは往生の意味だというが、ではなぜ領解文には『一大事の後生おん助け候えとたのみ』とあるのか」などというトンチンカンなツッコミをしてますからねぇ…(つまり、会長は「地獄に堕ちてしまうのを助けて下さい」と解釈している。これだと許諾ではなく希願請求になってしまう)
会長の所説には、とんでもない自己矛盾があります。

先手の本願(阿弥陀様の『助けるぞよ、引き受けたぞ』の勅命)があってこそ、その仰せに「お望み通りお助けになってください」とうちまかせる、あてにするという事があるわけですけど、会長の話には先手の本願という事が一切出て来ず、タノムとはどなたに何をまかせるのかという、肝心の「タノム」の内容を説いてないですよね。

S会の説く教えだと、聞法者は
地獄行きの自分と知らされるという行為の結果として、阿弥陀様が助けると申し出てくださる→それによって、何だかよくわからんがおまかせできる

という神秘体験のようにしか受け取れないですね…

まぁ、あのビデオの制作意図は結局「正意の安心を明らかにする」という所にあるのではなく、「ホンガンジは十劫安心(無帰命安心)だ!」という、会員さんに対する印象操作でしかありませんからね…
2011-01-21 08:25 Rudel URL 編集


Rudel様のコメントの中に「タノム」「タスケタマへ」ということが書かれているので、それについて思うところを述べます。

親鸞会では「タスケタマへ」という言葉の意味の説明が全くなされませんので、『領解文』の「われらが今度の一大事の後生、御たすけ候へとたのみまうして候ふ」を正しく理解することができていません。蓮如上人が使われている「タスケタマへ」には、こちらからお願いするという希願請求の意味は全くありません。阿弥陀仏の「そのまま助けるぞ」の先手の勅命に対し、仰せのままに受け入れた許諾の意味です。つまり、「タノム」と同義であり、無疑信順の意味なのです。

前回の記事の最後にも書きましたが、南無阿弥陀仏が先手で私が後手ということが大事です。反対に、私が先手になってしまうと「タスケタマへ」は請求の意味になってしまい、先手の法を拒絶することになってしまいます。

蓮如上人は「タノム」の内容を、「後生たすけたまえと弥陀をたのめ」とお示しになられました。如来の先手の勅命を仰せのままに受け入れた心相を表わされたお言葉が、「後生たすけたまえと弥陀をたのめ」なのです。『御一代記聞書』に、

聖人(親鸞)の御流はたのむ一念のところ肝要なり。ゆゑに、たのむといふことをば代々あそばしおかれ候へども、くはしくなにとたのめといふことをしらざりき。しかれば、前々住上人の御代に、御文を御作り候ひて、「雑行をすてて、後生たすけたまへと一心に弥陀をたのめ」と、あきらかにしらせられ候ふ。しかれば、御再興の上人にてましますものなり。

とあるように、このお言葉によって蓮如上人は御再興の上人と尊敬されているのです。それほど重要なお言葉の意味を正しく説いていないのが親鸞会(高森会長)だということです。

Rudel様のコメントの中の最後に、

S会の説く教えだと、聞法者は
地獄行きの自分と知らされるという行為の結果として、阿弥陀様が助けると申し出てくださる
→それによって、何だかよくわからんがおまかせできる


と書かれていますが、親鸞会教義をよくあらわしていると思います。このような会員の思考が、『顕真』1月号の法友通信によくあらわれているので、次回の記事で取り上げたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/130-90a34a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。