Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/139-0c2fc5e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

阿弥陀仏は私の側には生死を離れる 方法論がないと見抜かれた

「教えをきいて、それに従って、実行しなければならない」と親鸞会では説きます。そして、その実行する内容は、親鸞会で提示される根拠の上では十九願の善ということになっています。「阿弥陀仏が勧めておられるのだから、それに計らいを入れずに実行せよ」という論理です。しかし、浄土真宗とは十八願のご法義。十八願に立脚すれば上の主張は誤りなことが分かります。

そもそも、私たちがどんな行をしても生死(迷いの世界・六道)を離れることはできないと見抜かれた阿弥陀仏が、○○しなさいと諸善を勧められているはずはありません。

煩悩具足のわれらは、いづれの行にても生死をはなるることあるべからざるを、あはれみたまひて願をおこしたまふ本意、悪人成仏のためなれば(『歎異抄』第3章)

私たちはどんな行をしても生死を離れることはできないと見抜かれたとは、私の側には生死を離れる方法論がないと見抜かれたということです。ですから、私の側には「どうすれば」「こうしたら」ということありません。すなわち、浄土真宗では、浄土へ往生するのに「私が○○を実践しなければならない」という方法論を聞くということはないのです。

私の側には浄土に往生する方法論はないのですから、阿弥陀仏は、浄土往生の因となる信心を本願の名号として与え、衆生を往生成仏せしめるという本願を建て、その本願を成就なされています。その本願が成就されたすがたが南無阿弥陀仏の名号です。

南無阿弥陀仏とは、「われをたのめ(南無)必ず助ける(阿弥陀仏)」という本願召喚の勅命です。その阿弥陀仏の仰せを疑いを雑えずに聞くままが信心です。

「○○しなさい」と私が実行する諸善の勧めをきくのではありません。
「そのまま助ける」の勅命を、聞き受けるのです。
「そのまま助ける」の勅命ですから、善を実行した後のことでもなく、罪悪が知らされてからのことでもなく、後生が問題になってからのことでもありません。今のそのままの私に「助けるぞよ」の喚びづくめの勅命に、お従いするのです。

諸善に励めという教えに従うのではなく、「そのまま助けるぞよ」の仰せに信順するのであります。ご開山が計らうなと教えられているのは、諸善の勧めに対してではなく、本願の仰せについてです。

善に励めの勧めでは、救いは善に励んだ後になってしまいます。つまり、平生には助からないということです。
「そのまま助けるぞよ」の仰せを「はい」と頂くのみです。そのとき往生が定まるのです。つねに喚びかけられている仰せにお従いするのですから、今往生が定まるのです。平生業成のこころです。

「ただじゃ、そのままじゃ、無条件の救済じゃ」という説法を嫌う人、間違いだと思う人もあるようですが、それは誤りです。
「ただじゃ、そのままじゃ、無条件の救済じゃ」というお話は、阿弥陀仏の第十八願のおこころをお取り次ぎされているのであります。つまり、そこでは、浄土真宗のお話がなされているということであります。反対に、そのお話を否定する者は、浄土真宗を否定しているのです。

迷いを離れる手掛かりを全く持たぬ私に、「一心正念にして直ちに来たれ、我能く汝を護らん」と召喚し続ける勅命を計らいなく聞き受けて下さることを念じております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/139-0c2fc5e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。