Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C179]

学生大会
今日の演題は『後生の一大事』

参詣者数は  2000畳 前後 7区画
前から5区画 畳1枚3人 1区画1枚2人  最後部1区画0人
最前部の区画は畳が少ないですから、
約4500人位でしょうか。

落慶から6年150ほどの支部と学友部
毎年1人増やせば 約1000人増えているはずです。
落慶で約8000人でしたから 6年で
4500人ほどの 参詣者を減らした計算になります。乱暴な計算かもしれませんが。

 財施は同朋の里後期 とかが2月末で
終わり 黄色い用紙の4月末納期DVDかCDか何かの財施。
御法話運営の財施。
各支部内で チラシや学友部の 後方支援(活動費)の財施です。
  • 2011-03-06 23:38
  • ため息
  • URL
  • 編集

[C180]

親鸞会の未来は暗い。
  • 2011-03-07 07:31
  • 雑草
  • URL
  • 編集

[C181]

>ため息様

情報ありがとうございました。学生大会ということで、参詣者が普段の法話よりも少し多かったかもしれませんね。

それにしても休む間もない募財ですね。光に向かってのDVD財施を募っていますが、光に向かって関係だけで一体何回目なのかと思います。これまでの出版記念御報謝もそうですが、宗教法人への献金を、1万年堂出版の宣伝費に使っていたら問題ですね。


>雑草様

会長自身が「闇に向かって走る者は亡ぶ」と盗作して書いている通りだと思います。
  • 2011-03-07 22:33
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/140-ce341a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大本営発表を繰り返す親鸞会

『顕正新聞』3月1日号に掲載されているお言葉です。

●教えを説いているだけ

親鸞聖人の教えを説いているだけで、あんなに繁栄するはずがないと思うのが当然。

親鸞聖人の教えを伝えているだけで、あんなに群参するはずがないと思うのも当然。

親鸞聖人の教えを話しているだけで、あんなに金品が集まるはずがないと思うのも当然。

何かあると訝るのは、税務署だけでないのも当然なのだ。だが、知る人ぞ知る親鸞会は、更に親鸞聖人の教え以外説いたことがないのが事実である。


「親鸞会は親鸞聖人の教えをねじ曲げて伝えている」、「親鸞会教義は浄土真宗の破壊である」、「法論から逃げた親鸞会」などの外部からの批難には何ら答えることなく、内部に向けては「親鸞会は親鸞聖人の教えを説いているのだ」ということを繰り返し徹底しています。

何をもって上で繁栄といっているのか分かりませんが、一宗の繁昌と申すは、人のおほくあつまり、威のおほきなることにてはなく候ふ。一人なりとも、人の信をとるが、一宗の繁昌に候ふの『御一代記聞書』のお言葉と照らし合わせれば、信をとる者が全くといっていいほど現れない親鸞会は、決して繁昌しているとか、繁栄しているとはいえません。仮に人が多く集まることを繁栄といっているとしても、10年・20年以上幹部として活動していた人の退会が続く親鸞会が繁栄しているとは言い難いです。

人が群参しているといっても、二千畳の常時満堂という目標には程遠く、特別な行事のときだけ何とか会場が一杯になっているように見えるというのが、私が退会した1年半程前の状況でした。今はもっと少なくなっているかもしれません。

また、金品が集まるのは、次々と財施を募るからでしょう。1度募っても足りないので、あれこれと名目をつけて、集めているのではないでしょうか?

「繁栄する」も「群参する」も「金品が集まる」も親鸞会の実態を表わしているとは思えません。むしろ、そのような言葉を使うのは、そうなって欲しいという願望のあらわれではないかとさえ思います。


外部の情報に全く触れたことのない人は、上のような高森先生のお言葉を読むと、親鸞会は親鸞聖人の教えを伝えているから繁栄している、人が群参している、金品が集まっていると思いこみ疑うことはないのでしょう。しかし、それは現実を知らされていないからそう思い込んでいるだけです。

反対に、親鸞会外部の情報に触れた人の中から、親鸞会の組織面や教義面のおかしさに気がつき、退会する人が相次いでいます。

それにしても、外部の情報に触れながら、なおも親鸞会に止まり続ける人は、本当に親鸞会が繁栄している、人が群参している、金品が集まっている、そして親鸞聖人の教えを正しく伝えていると思っているのでしょうか?
そのような人にこそ、現実をありのままに見つめて頂きたいと願います。

外部からの批判に全く答えることの出来ない親鸞会。
内部に向けて大本営発表を繰り返すだけ。
もはや末期症状と感じます。
スポンサーサイト

コメント

[C179]

学生大会
今日の演題は『後生の一大事』

参詣者数は  2000畳 前後 7区画
前から5区画 畳1枚3人 1区画1枚2人  最後部1区画0人
最前部の区画は畳が少ないですから、
約4500人位でしょうか。

落慶から6年150ほどの支部と学友部
毎年1人増やせば 約1000人増えているはずです。
落慶で約8000人でしたから 6年で
4500人ほどの 参詣者を減らした計算になります。乱暴な計算かもしれませんが。

 財施は同朋の里後期 とかが2月末で
終わり 黄色い用紙の4月末納期DVDかCDか何かの財施。
御法話運営の財施。
各支部内で チラシや学友部の 後方支援(活動費)の財施です。
  • 2011-03-06 23:38
  • ため息
  • URL
  • 編集

[C180]

親鸞会の未来は暗い。
  • 2011-03-07 07:31
  • 雑草
  • URL
  • 編集

[C181]

>ため息様

情報ありがとうございました。学生大会ということで、参詣者が普段の法話よりも少し多かったかもしれませんね。

それにしても休む間もない募財ですね。光に向かってのDVD財施を募っていますが、光に向かって関係だけで一体何回目なのかと思います。これまでの出版記念御報謝もそうですが、宗教法人への献金を、1万年堂出版の宣伝費に使っていたら問題ですね。


>雑草様

会長自身が「闇に向かって走る者は亡ぶ」と盗作して書いている通りだと思います。
  • 2011-03-07 22:33
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/140-ce341a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。