Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/142-49d4febe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いまことに方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり

親鸞会の会員さんは、活動に励み、後生が問題になって、なおも活動に邁進した先に雑行が問題になり、そうした先に「聞」と弥陀の喚び声を聞く驚天動地の体験があると理解していることと思います。この理解は、弥陀の喚び声は私が何かを実行して進んだ先にあるという考え方で、本願が成就していることが大前提の真宗教義に反しています。

本願成就のすがたが南無阿弥陀仏の名号であり、「そのまま助けるぞよ」と喚びづくめの勅命がすでに届いているのが浄土真宗の大前提です。

すでに届いているがゆえに、拒絶する(疑)か、計らいなく受け入れる(信)かという信疑によって、生死に止まるか往生成仏するかが分かれるのであります。往生について我が機の善悪は問題ではありません。本願成就の名号を計らいをまじえずに受け入れるか否かで往生は決するのです。

私はまだ信仰が進んでいないからとか、罪悪が知らされていないからとか、後生に驚きが立っていないからとか、雑行が問題になっていないからなどと本願の救いに自分で勝手に条件をつけているのは、本願を計らっているすがたです。
信仰が進むとか、後生が問題になるとか、雑行が問題になるなどということを説く者が話すのは、自分の心境やその変化を問題にするように聞法者を迷わせるだけで、本願の救いから遠ざけてしまう悪い説法です。

自らが求めるに先行して与えられている間違いのない法(南無阿弥陀仏)を疑いをまじえずに聞くことが信心です。その法に対して、自らが先行するのが拒絶です。具体的に言うと、我が機ばかりを眺めて、もっと後生が問題になればとか、もっと真剣になれたらとか、あの人のように活動できたら(助かるだろう)などということは、全て「そのまま助ける」という本願の救いを拒絶しているということです。「そのまま」とは文字通り「そのまま」です。私の側に何の変化も造作も要求されていないということです。後生が問題にならないならばならないまま、真剣になれないならば真剣になれないままの救いです。

只今「そのまま助ける」と喚びかけたまう勅命に信順するばかりです。信心とは、現前の仏勅を計らいをまじえずに聞き受けている状態に他なりません。『三願転入の御文』と梯和上の解説から、そのことを窺いましょう。

ここをもつて愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく万行諸善の仮門を出でて、永く双樹林下の往生を離る。善本徳本の真門に回入して、ひとへに難思往生の心を発しき。しかるに、いまことに方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり。すみやかに難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲す。果遂の誓(第二十願)、まことに由あるかな。ここに久しく願海に入りて、深く仏恩を知れり。至徳を報謝せんがために、真宗の簡要をひろて、恒常に不可思議の徳海を称念す。いよいよこれを喜愛し、ことにこれを頂戴するなり。(化身土文類

 「しかるにいまことに方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり。すみやかに難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲す」というのは、真門から弘願への転入を表わされている。
 しかし、信心が開発して、弘願に転入している時を表す「今」とは、ただ今聞こえている現前の仏勅を聞信している只今であって、その時を対象化し、抽象化して語られた「今」ではない。それはただ今「われよく汝を護らん」と聞こえている本願招喚の勅命を疑いをまじえずに聞き受けている「今」のことである。その意味で具体的な信心の成就している時は、過去でもなく、未来でもなく、現前の仏勅の聞こえている「現在」以外にはないことを顕している。
(中略)
 なお「ここに久しく願海に入りて」といわれた「久しく」は、聖人が本願海に帰入されてから、既に久しい時が流れたと、過去を追憶するような意味もあったであろう。しかしそれだけではなかったと考えられる。信の時を語られているという意味で、それは単に過去化した時間ではなく、ただ今の事実を述べられている筈である。したがって、「ここに久しく」といわれた「久」には、時を超えた久遠の願海に帰入して、今既に広大無辺な仏恩に包まれていることを信知せしめられているという「ただ今」の事実を表わされていたといえよう。さきに「今ことに方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり」といわれた「今」は、本願招喚の勅命を聞いている「今」を意味しており、信心の現成している時は常に今であるような「久遠の今」を表わしていたと考えられる。その意味で「今」と「久しく」は同じ内容を持つのである。たとえば「仏の久遠実成」を語るとき、「久遠というは猶し今日のごとし」と言い伝えられているのと同じように、信の時も「久遠の今」であった。それゆえ「今、選択の願海に転入せり」ということがそのまま、「ここに久しく願海に入りて深く仏恩を知
れり」ということでもあったのである。
(梯實圓著『顕浄土方便化身土文類講讃』456-458頁より引用)



間違いのないお助けが先に与えられているのが真宗です。そのお助けを聞くままが信です。

「聞」に向かって私が進んでいくのではありません。只今届いている本願成就の名号を聞信するのであります。

南無阿弥陀仏が先手で、私は後手です。
これに反して、自らの側ばかりを問題にさせる親鸞会の話は真宗の話ではありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/142-49d4febe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。