Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/144-ad501238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「直ちに」

テレビ・新聞等の報道によると、福島第一原発は予断を許さぬ状況が続いています。それらの報道の中で放射能が健康に及ぼす影響について、「直ちに健康に影響を与えるレベルではないと考えられる」というフレーズを何度も聞きました。このフレーズには「直ちに」とありますから、今すぐには健康に影響を与えないと考えられるということですね。長期的に見たときに影響があるかどうかということについては言及されていないフレーズです。反対に「直ちに健康に影響を与えるレベルである」ということでしたら、今すぐに影響があるという意味になります。

このように「直ちに」とは、「今すぐに」と時間を置かないことを意味します。

親鸞聖人の教えを聞いている人ならば、「直ちに」と聞くと、二河白道の喩えの西岸上からの弥陀の喚び声を思い出すことと思います。

西の岸の上に、人ありて喚ばひていはく、〈なんぢ一心に正念にしてただちに来れ、われよくなんぢを護らん。すべて水火の難に堕せんことを畏れざれ〉と。(『散善義』信文類引文より)

弥陀は「直ちに来れ」と喚び続けておられるのです。
「直ちに来れ」ですから、「今すぐに来い」と絶えず喚んでおられるのです。

その弥陀のお喚び声そっちのけで、三願転入の道を進まねばとか、方便を通らねばとか、要門と言われているのだから18願に入るのに実行する必要があるのだなどと言っているのは、本願の心に背いているということです。そのようなことを言って方便仮門に止まっている人に、阿弥陀仏は「直ちに来れ」と喚びづくめなのです。「直ちに来れ」とは、今すぐ方便を捨てて他力に帰せよとの御心です。親鸞聖人は、「直ちに来れ」の「直」について、

「直」の言は、回に対し迂に対するなり。また「直」の言は、方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰するなり、諸仏出世の直説を顕さしめんと欲してなり。(愚禿鈔

と解釈されています。まず、「直の言は、回に対し迂に対する」と仰った回、迂とは、

しかるに菩提心について二種あり。一つには竪、二つには横なり。
また竪についてまた二種あり。一つには竪超、二つには竪出なり。竪超・竪出は権実・顕密・大小の教に明かせり。歴劫迂回の菩提心、自力の金剛心、菩薩の大心なり。(信文類


と教えられているように、竪超・竪出といった聖道門を指しており、また

横出あり、すなはち三輩・九品、定散の教、化土・懈慢、迂回の善なり。(信文類

とあるように、横出つまり19願、(20願)のことです。つまり、一切の自力方便の教えを「迂回」と仰り、「直」を如来の大願他力となされています。そして、『愚禿鈔』ではこの後、「直の言は、方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰するなり」と説き、「直ちに来れ」を「方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰せよ」と喚びづくめなのだと弥陀の御心を明らかになされています。

「方便仮門の教えを実行して来い」ではありません。「方便仮門を捨てよ」が阿弥陀仏の御心だということです。

「三願転入は弥陀のお計らい」などと説き、方便仮門に聞く者をとどめているのは、阿弥陀仏の御心を説いていない、背いているこということを知って頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/144-ad501238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。