Entries

直の言は、方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰するなり、諸仏出世の直説を顕さしめんと欲してなり

「直ちに」で取り上げた『愚禿鈔』のお言葉
「直」の言は、回に対し迂に対するなり。また「直」の言は、方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰するなり、諸仏出世の直説を顕さしめんと欲してなり。
について、もう少し見ていきましょう。

まず、
「直」ー如来大願の他力
「回」「迂」ー自力の方便仮門
とし、「方便仮門を捨てて如来大願の他力の法を信受せよ」と喚びづくめなのが阿弥陀仏の御心だと親鸞聖人が解釈されていることを前回説明しました。

次に、「」を「諸仏出世の直説」を顕すお言葉であると親鸞聖人は見られています。

このように、「直」を「諸仏出世の直説」つまり諸仏の出世本懐を示すお言葉として教えられているところは他にもあります。親鸞会が最近盛んに用いている『一念多念証文』の「おほよそ八万四千の法門はみなこれ浄土の方便の善なり」のお言葉の前後がそれに当たります。『一念多念証文』のこのお言葉の少し前には、
「直為弥陀弘誓重」といふは、「直」はただしきなり、如来の直説といふなり。諸仏の世に出でたまふ本意と申すを直説といふなり。
とあり、
「為」はなすといふ、もちゐるといふ、さだまるといふ、かれといふ、これといふ、あふといふ、あふといふはかたちといふこころなり。「重」はかさなるといふ、おもしといふ、あつしといふ。誓願の名号、これをもちゐさだめなしたまふことかさなれりとおもふべきことをしらせんとなり。
と続きます。この部分全体の意訳は、

「直に弥陀弘誓重きが為に」というのは、「直」は正しいということである。如来の正直の説法、すなわち真実にかなった教説ということである。諸仏がこの世に出現された本意を説き表されることを直説というのである。「為」は「なす(作)」ということであり、「もちいる(用)」、「さだまる(定)」、「かれ(彼)」、「これ(是)」、「あう(相)」ということである。「あう」という言葉は、その「相」には「かたち」という意味がある。「重」とは「かさなる(塁)」とも、「おもし(重)」とも。「あつし(厚)」ともいう。すなわち、諸仏がこの世に出現された本意は、阿弥陀仏の本願の名号を用いて、凡夫の往生を定めることを為したもうためであった。そのために名号のいわれを重ね重ね説き示されたのである。その甚厚なる思し召しを思いしれと教えられた言葉である。(『一念多念文意講讃』梯實圓著・永田文昌堂328頁より引用)

となります。

「諸仏の出世本懐」とは、「阿弥陀仏の本願の名号を用いて凡夫の往生を定めること」であると教えられています。このことを証明するために、親鸞聖人は次に『大無量寿経』を引用されたのでした。『一念多念証文』の続きを拝読してみましょう。

しかれば『大経』(上)には、「如来所以 興出於世 欲拯群萌 恵以真実之利」とのたまへり。
この文のこころは、「如来」と申すは諸仏を申すなり。「所以」はゆゑといふことばなり。「興出於世」といふは、仏の世に出でたまふと申すなり。「欲」はおぼしめすと申すなり。「拯」はすくふといふ。「群萌」はよろづの衆生といふ。「恵」はめぐむと申す。「真実之利」と申すは、弥陀の誓願を申すなり。しかれば諸仏の世々に出でたまふゆゑは、弥陀の願力を説きて、よろづの衆生を恵み拯はんと欲しめすを、本懐とせんとしたまふがゆゑに、真実之利とは申すなり。しかればこれを諸仏出世の直説と申すなり。


ここにも「諸仏出世の直説」というお言葉が出てきます。『大無量寿経』の経文から、諸仏の出世本懐は、阿弥陀仏の願力を説き聞かせて全ての者に真実の利益を恵み与えて救うことであると示されています。こうして、諸仏の出世本懐が明らかになったので、次にそれ以外の経説の位置づけを親鸞聖人は教えられました。それが親鸞会で「善の勧め」の根拠として挙げている部分です。

おほよそ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり。これを要門といふ。これを仮門となづけたり。この要門・仮門といふは、すなはち『無量寿仏観経』一部に説きたまへる定善・散善これなり。定善は十三観なり、散善は三福九品の諸善なり。これみな浄土方便の要門なり、これを仮門ともいふ。この要門・仮門より、もろもろの衆生をすすめこしらへて、本願一乗円融無碍真実功徳大宝海にをしへすすめ入れたまふがゆゑに、よろづの自力の善業をば、方便の門と申すなり。

ここでは八万四千の法門を『観経』におさめて、それを浄土方便の要門・仮門と教えられています。そして、仏が方便仮門によって真実の法門に導いていく有様を「もろもろの衆生をすすめこしらへて」と示されています。つまり、この段では、一切の法門は「本願一乗円融無碍真実功徳大宝海(阿弥陀仏の第十八願)」に導くための権仮方便の教説であるということが教えられている訳です。

ここで、初めの『愚禿鈔』のお言葉をものさしにすれば、
「直」=「如来大願の他力」=「諸仏出世の直説」=「本願一乗円融無碍真実功徳大宝海」
「迂回」=「八万四千の法門」=「浄土の方便の善」=「要門・仮門」=「よろづの自力の善業」

であり、「」=「方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰せよ」ですから、「八万四千の法門はみなこれ浄土の方便の善」と親鸞聖人が教えられているのは、浄土の方便の善だから実行せよということではなく、浄土の方便の善だから捨てよということなのです。

さて、『一念多念証文』の今回みてきた部分は、隆寛律師が著された『一念多念分別事』に引かれている『法事讃』の「上尽一形下至十念三念五念仏来迎 直為弥陀弘誓重 致使凡夫念即生」のお言葉を解釈されているところの一部分なのですが、『一念多念証文』でその結論に当たる部分が次のお言葉です。

諸仏出世の直説、如来成道の素懐は、凡夫は弥陀の本願を念ぜしめて即生するをむねとすべしとなり。

(意訳)『一念多念文意講讃』梯實圓著・永田文昌堂390頁より
諸仏出現の正意を顕す説法、如来が成道の本懐とされている教説は、煩悩具足の凡夫をして、阿弥陀仏の本願を信ぜしめ、凡夫が即時に正定聚の位に入ることを本意とされているというのである。

ここにも「諸仏出世の直説」とあります。

このように親鸞聖人は繰り返し繰り返し「諸仏出世の直説」とは何かを教えられているのですが、これを説かずに、先日の日曜日の二千畳座談会でもそうだったそうですが「浄土の方便の善」ばかりを説いているのが親鸞会です。親鸞聖人が明らかにされた「諸仏出世の直説」を伝えている団体ではないということに、会員さんには、はやく気がついてもらいたいです。
スポンサーサイト

コメント

[C190] 西本願寺の堕落した布教使

西本願寺の布教師でも因縁話だけをして親鸞聖人の教義を述べない人もいますね。
私は聞きましたねふざけてると。
あんただけ地獄に落ちなさい。同行道連れはもっと罪が重いでしょう

  • 2011-05-03 19:22
  • おか
  • URL
  • 編集

[C192]

>おか様

親鸞聖人の教えを伝えない布教使もいるし、伝える布教使もいるのが西本願寺。

親鸞聖人の教えを説けない会長と、その言葉をそのまま伝えているのが講師部員しかいないのが親鸞会。

本願寺のご門徒でしたらいろいろな布教使の話を聞く機会があるでしょうが、親鸞会の会員になってしまうと活動活動で他の話を聞けなくなってしまうし、「高森先生だけが真実を説ききられている」という迷信に染まってしまうのが致命的だと思います。
  • 2011-05-04 18:56
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/146-0781ce66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR