Entries

アニメ1部の最後のシーンのような説法を法然聖人はなされたのか?

親鸞会でなされている話というのは、基本的に阿弥陀仏の本願、すなわち「私を助けて下さる法」が抜けた話です。

高森会長の話を聞いている会員さんの思考は以下のようなものだと思います。

・真剣に聴聞しようと聞法に励み、真剣に聞けない自分が知らされたときに救われる。
・ド真剣に善に励み、善ができない自分と知らされたときに救い摂られる。
・廃悪修善を実行し、後生が問題になって、そして、ますます善をせずにおれなくなって、雑行が問題になり、そうした先に雑行が廃り本願に帰すということがある。

これらは、自分が聞法にしろ、勤行にしろ、廃悪修善に実行していった先に、阿弥陀仏の救いというものがあるという考え方です。自分が真剣に聞けるかどうか、廃悪修善を実行しているかどうか、後生が問題になっているかどうか、自己の罪悪がどれくらい知らされているかということばかりが問題になって、肝心要の「私を助けて下さる法」はそっちのけになってしまっていることでしょう。

これは、高森会長の話から「阿弥陀仏の本願」という法が抜けてしまっていることに由来するのですが、今回の記事では、アニメ1部の最後のシーンに描かれている法然聖人の説法からこのことをみていきたいと思います。


親鸞聖人「上人さま、今日はなにがなんでもここひとつ、解決のいくまでお聞かせ下さい。お願いでございます。」

法然上人「そうか。それでは、そなたの今の胸の内を話してみなされ」

親鸞聖人「はい。私は比叡山も、20年の仏道修行も捨てました。京の町を、夢遊病者のように、後生の一大事一つ、解決できる教えはないかと、さまよい歩きました。そして、上人さまに巡り会い、心の底より、救われた思いがいたしました。けれど、阿弥陀仏のひと声で、晴れて満足できると仰せられますが、聞いても、聞いても、そのひと声が聞けません。親鸞の心は晴れません。仏法聞いているときも、思ってはならないことが思われ、考えてはならぬことが浮かびます。”一向専念無量寿仏” どころか、雲の如く、疑いが湧きあがってまいります。こんな心のままで、臨終を迎えるかと思えば、ただ恐ろしいばかりでございます」

法然上人「親鸞よ、形の上で捨てたつもりでは駄目じゃ。無始より迷わせ続けた自力我慢の親玉は、そんな生ぬるい聞き方では、聞かないぞ」

親鸞聖人「上人さま、よくよく胸の内をみますと、10年前も、上人さまにお会いしたときも、今も、心は煩悩と疑いでいっぱい。少しの変化もありません。こんな心が、いつまで続くのかと思うと、胸が張り裂けるようでございます」

法然上人「親鸞よ。そのまま、恐ろしい罪をかかえて、地獄へ真っ逆さまだ。このように話しているうちにも、無常の殺鬼は迫っているではないか。まだわからんのか」

親鸞聖人「上人さま、長年の学問修行も、後生の一大事には何の役にも立ちません。それどころか親鸞、今はもう、聞く心もございません。ただ煩悩と疑い一杯で、阿弥陀仏の御声が聞けません」

法然上人「うぬぼれるな。そなたの心は、阿弥陀仏の御声が聞ける殊勝な心か」

親鸞聖人「親鸞の心は、ただ暗い。それだけでございます。暗さも分からぬ、真っ暗がりでございます。お助け下さい。上人さま・・・」

法然上人「親鸞よ。そなたには、まことを聞く耳はないのだ。それが、そなたのまことの姿なのじゃ。一切の自力の心を捨てよ。すべてのはからいを捨てよ。捨てようとする心も捨てよ」

『挑戦の道 in Singapore』 親鸞聖人 ~29歳 クライマックス~より引用)


この短い場面の中で、法然聖人は全く「私を助けて下さる法」を説いていません。

親鸞よ。そのまま、恐ろしい罪をかかえて、地獄へ真っ逆さまだ。このように話しているうちにも、無常の殺鬼は迫っているではないか。まだわからんのか
うぬぼれるな。そなたの心は、阿弥陀仏の御声が聞ける殊勝な心か
親鸞よ。そなたには、まことを聞く耳はないのだ。それが、そなたのまことの姿なのじゃ。

など、無常と罪悪、つまり機に関することばかりです。法が抜けているという親鸞会の話が、ここに凝縮して表われています。


では、法然聖人が、親鸞聖人に説かれたことは、本当はどのようなことだったのでしょうか?『行文類』で、親鸞聖人は次のように教えられています。

『選択本願念仏集』(選択集 一一八三)[源空集]にいはく、
「南無阿弥陀仏[往生の業は念仏を本とす]」と。
(中略)
称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに。


法然聖人が教え勧めていかれたことは、選択本願念仏一つです。阿弥陀仏は、万人を救うために最勝にして至易なる称名念仏を往生の行として選択なされました。阿弥陀仏が往生の道として選びとって与えて下された本願の念仏を我が往生の道と信受し、称名一行を専修する浄土への道を法然聖人は教えていかれたのです。

この教えをいただかれた親鸞聖人は『歎異抄』では、
親鸞におきては、ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひと(法然)の仰せをかぶりて信ずるほかに別の子細なきなり。
と仰られました。

阿弥陀仏の本願に立脚されて、選択本願の念仏を教えていかれたのが法然聖人です。よきひと法然聖人の教えを親鸞聖人も受け継がれていかれました。

法然聖人は、阿弥陀仏の本願、「私を助けて下さる法」を明らかになされたのです。ところが、アニメ1部では、法然聖人は、本願を説かず、機ばかりを責める話をしています。私には、法然聖人がアニメで描かれているような機責めのような話をされたとはとても思えません。しかし、そこには、機ばかりを説き、法が抜けてしまった親鸞会教義が端的に表わされていると感じます。

最後に、法然聖人の次のお言葉を紹介してこの記事を終わりにしたいと思います。

ただ心の善悪をもかえりみず、罪の軽ろき重きをも沙汰せず、
心に往生せんと思いて、口に南無阿彌陀佛と称えては、
声につきて決定往生の思をなすべし。

その決定心によりて、すなわち往生の業はさだまるなり。
かく心えねば、往生は不定なり。

by.法然上人(『勅伝』巻二十二、「御消息」昭法全p.581)

(訳)
ひたすら自らの心が善いか悪いかを問題にせず、
自らが犯してきた罪が軽いか悪いかを論じ定めることをせず、
心では「極楽浄土に往生したい」と思い、口では「南無阿弥陀仏」とお称えして、
そのお念仏の一声ごとに、「間違いなく往生する」(決定往生)という思いを起こしなさい。

その決定心によって、まさしく往生するための行いが定まる。
そのように心得なければ、極楽浄土に往生できるかどうかは定まらない。


苦笑の独り言より引用)

自己の無常と罪悪ばかりを問題にさせるようなアニメの台詞はやはりおかしいことが、このお言葉からもお分かり頂けると思います。
スポンサーサイト

コメント

[C194]

ことしの降誕会、参詣者の数はどんなもんでしたか?

[C195]

>名無し様

情報が入っていないので分かりませんが、さよなら親鸞会のコメント欄には、

http://sayonara1929.txt-nifty.com/blog/2011/06/post-3ca4.html#comments
降誕会は去年よりもさらに駐車場スペースが
ガラガラ空いていて、もちろん2000畳も
それに比例して空席

とあります。
  • 2011-06-08 19:55
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

[C196]

5000人前後です。6の通路から前が
畳1枚3人座ったとして後ろは
畳1枚1,5人ぐらいです。

[C197]

>196番の名無し様

情報有り難うございました。

一時期よりは減少したものの、まだまだ参詣者は多いのだなと感じます。

親鸞会教義の誤りや親鸞会のおかしさに気がつく人がもっと現れてほしいです。
  • 2011-06-10 20:02
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

[C198]

うしろはがらがらだった。5000人はいないよ。4500人ちょっと切るくらいかな。

[C199]

>198番の名無し様

うしろはがらがらだったのですね。
私が最後にいった降誕会(2年前)ではうしろまで埋まっていたと記憶していますが、、、

降誕会で空きがでるとは、親鸞会の衰退を感じます。
  • 2011-06-15 20:00
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/152-42c8640b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR