Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C202] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C203]

秘密コメント様

情報ありがとうございます。
後日、記事としてアップさせていただきます。
  • 2011-07-31 21:58
  • いつも元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/154-2e7db9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[雑感]「私は親鸞聖人の教えを説き切ります」という高森会長の言葉について

親鸞会内で言われることに、
「高森先生は親鸞聖人のみ教えを常に説き切っておられる」
ということがあります。

このことは、高森会長本人が「私は親鸞聖人の教えを説き切ります。みなさんは親鸞聖人の教えを聞ききって下さい」と法話で言ったことや、講師部員や先輩に当たる人などが「高森先生は親鸞聖人の教えを説き切っておられます」ということなどによって、長年会に在籍している人の頭の中に染み付いてしまうことの一つです。

また、法話後の復習の場などで、「高森先生は常に説き切っておられるはずだ。聞けないのは私の責任だ」というような発言をする会員もいました。

「高森先生は常に説き切っておられる」と会員が言うことについて、私が感じることを箇条書きで記すと、

(1)親鸞会では、善知識の説法を評価することは謗法罪と教えられている。また、「先生は説き切っている」と言うことは、高森会長の上に立って評価していなければ出てこない発言である。つまり、親鸞会理論でいうと、「先生は親鸞聖人のみ教えを説き切っておられる」ということは、謗法罪である。しかし、このことに会員自身は気づいていない。

(2)そもそも、親鸞聖人の教えについて詳しく知らない人(会員)は、「先生は親鸞聖人の教えを説き切っておられる」と言うことはできない。「先生は生徒の答案を採点できるが、生徒は先生の答案の良し悪しがわからないので採点できない」と高森会長が話している通りである。

(3)高森会長本人が「私は親鸞聖人の教えを説き切ります」と言うから、または講師部員・先輩が「高森先生は常に説き切っておられる」と言うから、きっとそうなのだろうと思いこんでいるだけならば、単なる盲信である。

ということがあります。次に、高森会長が「私は親鸞聖人のみ教えを説き切ります」と言うことについて、私が感じることを記すと、

(4)アニメ解説や教学講義の質問に対して、時間切れになって「続きは次回話します」で終わることがしばしばあったが、果たして「説き切っている」と言えるのか?その上、次回、続きの話がなされないことが多い。

(5)ある日のアニメ解説のとき、休憩前に年配の男性が「私にはもう時間がない。高森先生、私はどうすればいいのか?」と叫んだことがあった。そのとき、アシスタントのA講師が「仏法は聴聞に極まる」と繰り返し答えたが、高森会長は何も言わずに休憩に入ってしまった。今振り返ってみると、「私は親鸞聖人の教えを説き切ります」という高森会長の発言は単なるパフォーマンスであって、高森会長自身は会員が信を獲るということには何ら関心がなかったのだと感じる。

(6)『さよなら親鸞会』勇気を出して
高森会長が「私は親鸞聖人の教えを説ききっている、それを聞ききらないのは聞いている人の責任」と言った事に対して「お釈迦様でさえ全てを説ききれなかったと言われているに、とんでもない自惚れだ。親鸞聖人なら絶対に言われる事ではない」と思われた
という退会者の言葉がアップされていたが、その通りだと思う。

ということがあります。

つまり、会員は「高森先生は親鸞聖人の教えを説き切っておられる」と根拠なく思考停止して盲信している状態であり、高森会長は「私は親鸞聖人の教えを説き切る」と名誉欲か自惚れかで発言してはいるが、その言葉に全く責任をもっていない状態であると感じるのです。

高森会長が「私は親鸞聖人の教えを説き切る」と口では言いながら、決して「説き切らない」理由はどこにあるのかしばらく考えていましたが、『安心問答』高森会長の話に救われる法の話がほとんどないたった1つの理由を読んで疑問が氷解しました。

質問者「どういう話し方をしたら、参詣者が会長先生のように増えるのでしょうか?」

会長「1時間話をしたら、50分か55分までは誰が聞いてもわかるような話をする。残り5分で、相手に疑問が残るような話をする。そうすると、聞いた相手は前の50分まではよくわかったけれども、残りのあの話はなんだったんだろう。もう一回聞きに行ったら分かるかもしれない。そう思って次も話を聞きに来る。ワシはそのように話をしてきたから、参詣者は常に右肩上がりだった」

(上記ブログより引用)


会長が話をする目的は、会員が信を獲ることではなく、参詣者を増やすことにあったのです。それならば、「説き切る」必要はありません。話の最後で疑問を持たせる話し方をしたり、次回はこのことについて詳しく聞けるかもしれないと期待をもたせる話し方をすればいいのですから。

ここには、「仏法には明日と申すことあるまじく候ふ」(御一代記聞書)と仰った蓮如上人の厳しさは微塵も感じられません。かつて2日間ある行事では、初日の最後には「命があったら」明日話しますと高森会長は言っていたものでした。しかし、会長が話をする目的を知ってしまうと、無常ということも分かっておらず、この発言も単なるパフォーマンスだったのだろうと思います。

無常ということも分からず、次回の参詣者を増やすために話をする高森会長。会員の後生を心配することもなく、単なる人集めの為に話をしていたのかと思うと、何でこんな人物についていったのかと自分の愚かさが悔やまれます。

一方、「仏法には明日と申すことあるまじく候ふ」と仰り、御門徒の方々が信を獲ることを願われていた蓮如上人は、「浄土真宗にはこれ以外の教えはない」と仰った蓮如上人のお言葉で既に触れたように、

後生たすけたまへと弥陀をたのめといふべし。

と十八願の安心一つを明らかにされたのでした。その前に「仏法をばさしよせていへいへ(仏法は短くまとめて簡潔に話しなさい)」と仰っていることからわかるように、参詣者が次回も参詣されるように、疑問に残る話や次に続く話をしようという思惑は全くありません。

会員の皆さまには、親鸞学徒の鑑と尊敬している蓮如上人と高森会長の違いを通して、真宗を説く者は何を説くのかということをよく知って頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

[C202] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C203]

秘密コメント様

情報ありがとうございます。
後日、記事としてアップさせていただきます。
  • 2011-07-31 21:58
  • いつも元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/154-2e7db9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。