Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/158-b0d7d2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親鸞会の会員さんが大切にしているのは、親鸞聖人のお言葉ではなく、高森先生の言葉ではありませんか?

本太郎さん、『浄土和讃』の解釈が間違っていますよの記事にコメントを頂きました。有り難うございました。

私も同意見ですので、記事にて紹介させて頂きます。
なおこの記事の最後に、コメントと関連する『浄土和讃』大経讃を掲載しましたので、参照して下さい。

(コメントここから)

至心信楽欲生と」の御和讃では親鸞聖人は冠頭に「本願のこころ、第十八の選択本願なり」、「至心発願欲生と」から三首には、「十九願のこころ、諸行往生なり」、「至心廻向欲生と」からの三首には「二十の願なり。二十願のこころなり。自力の念仏を願じたまえり」とあります。 親鸞会で使われている真宗聖典にはこの頭註は書かれていないですから会員さんは知らない方が殆どだと思います。

このあと、「安楽浄土をねがいつつ、他力の信をえぬひとは、仏智不思議をうたがいて、辺地懈慢にとまるなり」と十八願を疑う方便救済の願の証果は化土往生であることを明らかにし、誡め、十八願の信を勧めていられます。
 
そして「念仏成仏これ真宗、万行諸善これ仮門、権実真仮をわかずして、自然の浄土をえぞしらぬ」と真実と権仮を分けて、方便を捨てて真実の悲願一乗に帰するべきことを勧められています。

親鸞会では真仮廃立が徹底して教えられていると言っているはずなのに…。

末灯抄には「定散の善は諸行往生の言葉に摂まるなり。この善は他力の中の自力の善なり。この自力の行人は来迎をまたずしては辺地胎生懈慢界までも生るべからず。この故に第十九の誓願に、諸の善をして浄土に廻向して往生せんと願う人の臨終にはわれ現じて迎えんと誓いたまえり。(略)浄土宗の中に真あり仮あり。真というは選択本願なり、仮というは定散二善なり。選択本願は浄土真宗なり、定散二善は方便仮門なり」とありますが、こういうお言葉も会員さんの大半は知らないでしょう。

高森先生から提示された根拠のみによっていて、それ以外の所に何と書かれているのか知らないし、知る必要がないと思っているのです。高森先生が示されない御聖教のお言葉は求道の邪魔になると考えている人さえいるかもしれません。

しかも高森先生しか正しい解釈は出来ないという気持ちが強いですから、提示された根拠は、あくまで高森先生の解釈を通しているので、結局それはすべて高森先生の教えであって、どこにも親鸞聖人の教えはないのですよね。

自分で、親鸞会で提示される根拠の前後、あるいは真宗聖典を拝読していけば、たとえ詳しい意味は分からずとも、何かおかしいぞ、と気付けると思うのですが。

あと、方便ということや、観経には顕彰隠密の義があるが、この大経和讃の三首は顕の義であることも知らないですからね。

いずれにせよ、会員さんには自分が大切にしているのは実は親鸞聖人のお言葉ではなく、高森先生の言葉ではなかろうか、と考えてみていただきたいです。


(コメントここまで)

(参考)
『浄土和讃』大経讃
(58、61、64讃はリンク先で頭註をご覧頂けます)

(58)
至心・信楽・欲生と 十方諸有をすすめてぞ
不思議の誓願あらはして 真実報土の因とする

(59)
真実信心うるひとは すなはち定聚のかずにいる
不退のくらゐにいりぬれば かならず滅度にいたらしむ

(60)
弥陀の大悲ふかければ 仏智の不思議をあらはして
変成男子の願をたて 女人成仏ちかひたり

(61)
至心・発願・欲生と 十方衆生を方便し
衆善の仮門ひらきてぞ 現其人前と願じける

(62 )
臨終現前の願により 釈迦は諸善をことごとく
『観経』一部にあらはして 定散諸機をすすめけり

(63)
諸善万行ことごとく 至心発願せるゆゑに
往生浄土の方便の 善とならぬはなかりけり

(64)
至心・回向・欲生と 十方衆生を方便し
名号の真門ひらきてぞ 不果遂者と願じける

(65)
果遂の願によりてこそ 釈迦は善本・徳本を
『弥陀経』にあらはして 一乗の機をすすめける

(66)
定散自力の称名は 果遂のちかひに帰してこそ
をしへざれども自然に 真如の門に転入する

(67)
安楽浄土をねがひつつ 他力の信をえぬひとは
仏智不思議をうたがひて 辺地・懈慢にとまるなり

(中略)

(71)
念仏成仏これ真宗 万行諸善これ仮門
権実真仮をわかずして 自然の浄土をえぞしらぬ

(72)
聖道権仮の方便に 衆生ひさしくとどまりて
諸有に流転の身とぞなる 悲願の一乗帰命せよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/158-b0d7d2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。