Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/17-8a0d33e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本願一乗とは(2)

『化身土文類』では、「本願一乗」について、

「門余」といふは、「門」はすなはち八万四千の仮門なり、「余」はすなはち本願一乗海なり。

現代語訳

『観経疏』に「その教えは八万四千を超えている」(玄義分)といわれているのは、「教え」とは八万四千の方便の教えであり、自力聖道門のことである。「超えている」のは本願一乗海の教えであり、他力浄土門のことである。

と、八万四千の仮門の他に、本願一乗海の教えがあることが示された後、二双四重の教判が説かれています。

おほよそ一代の教について、この界のうちにして入聖得果するを聖道門と名づく、難行道といへり。この門のなかについて、大・小、漸・頓、一乗・二乗・三乗、権・実、顕・密、竪出・竪超あり。すなはちこれ自力、利他教化地、方便権門の道路なり。

安養浄刹にして入聖証果するを浄土門と名づく、易行道といへり。この門のなかについて、横出・横超、仮・真、漸・頓、助正・雑行、雑修・専修あるなり。正とは五種の正行なり。助とは名号を除きて以外の五種これなり。雑行とは、正助を除きて以外をことごとく雑行と名づく。これすなはち横出・漸教、定散・三福、三輩・九品、自力仮門なり。

横超とは、本願を憶念して自力の心を離る、これを横超他力と名づくるなり。これすなはち専のなかの専、頓のなかの頓、真のなかの真、乗のなかの一乗なり。これすなはち真宗なり。すでに真実行のなかに顕しをはんぬ。

現代語訳

総じて釈尊が説かれた教えの中で、この世界で聖者となってさとりを得るのを聖道門といい、難行道という。この聖道門の中に、大乗と小乗、漸教と頓教、一乗と二乗と三乗、権教と実教、顕教と密教、竪出と竪超がある。これらはすべて自力の教えであり、衆生を真実に導くための、仮の手だてとして説かれた教えである。

浄土に往生してさとりを開くのを浄土門といい、易行道という。この浄土門の中に、横出と横超、方便と真実、漸教と頓教、そして助正と雑行、雑修と専修がある。正とは、読誦.観察.礼拝.称名.讃嘆供養の五正行である。助とは、称名以外の読誦.観察.礼拝.讃嘆.供養の五種である。雑行とは、正.助の行以外をすべて雑行というのである。これは、浄土門の中の自力である横出の教えで、長い時を費やす漸教であって、定善.散善や世福.戒福.行福の善を修め、三輩.九品のそれぞれの資質に応じて行を修める自力方便の教えである。

横超とは、阿弥陀仏の本願を信じて自力の心を離れることであり、これを横超他力という。これは、専修の中の専修であり、頓教の中の頓教であり、真実の中の真実であり、一乗の中の真の一乗である。これが真宗である。このことは、「行文類」においてすでに明らかにした。


まず、「二双四重の教判」の「教判」とは「教相判釈」のことで、様々な仏教の経典・教理を分類し統一的に理解していくことです。「二双四重」とは、
聖道門を「竪」
浄土門を「横」
で顕し(二双)、それぞれに
「出」(漸教ーさとりを開くのに長い時間を要する教え:権教ー方便)
「超」(頓教ー速やかにさとりをひらく教え:実教ー真実)
を分けた、「竪出」「竪超」「横出」「横超」をいいます。

具体的にあてはめると、
「竪出」ー法相宗など
「竪超」ー禅宗、真言宗、天台宗、華厳宗など
「横出」ー要門(十九願)、真門(二十願)
「横超」ー弘願(十八願)
となります。

聖道門の中にも浄土門の中にも方便の教え(権教)と真実の教え(実教)がある(二権二実)ということになります。しかし、聖道門の頓教(竪超)は理論上は即身成仏が可能ですが、実際は永い時間の修行が必要ですので、漸教とならざるをえません。

こうして、真実一乗の法門は弘願法(十八願)のみになります。「竪出」「竪超」「横出」が方便であり、「横超」のみが真実です(三権一実)。それを、上のお言葉では、

横超とは、本願を憶念して自力の心を離る、これを横超他力と名づくるなり。これすなはち専のなかの専、頓のなかの頓、真のなかの真、乗のなかの一乗なり。これすなはち真宗なり。

と教えられています。

したがって、聖道門、要門、真門は決してそこにとどまってはいけない権仮方便の教説であるから、速やかに仏の本意を知って横超弘願の一乗に転入しなければならないと勧められているのです。その意を、親鸞聖人は、『浄土和讃・大経讃』に、

念仏成仏これ真宗 万行諸善これ仮門
権実真仮をわかずして 自然の浄土をえぞしらぬ

聖道権仮の方便に 衆生ひさしくとどまりて
諸有に流転の身とぞなる 悲願の一乗帰命せよ


と詠まれました。

本願一乗の法とは、その法門だけで一切のものが速やかに究極のさとりに至ることのできる法門です。そのような最高の成仏道ですから、親鸞聖人は本願一乗(十八願)一つを勧めていかれました。

親鸞聖人から、十八願が真実であることを教えて頂き、十八願によって救われたいと願う人にとっては、竪出・竪超・横出は不要な法門です。そのような人が、蓮如上人が『御文章』にしばしば仰っている宿善の機です。
反対に、十八願による往生を願わない人にとって必要なのが、権仮方便である竪出・竪超・横出の教えなのです。無宿善の機には権仮方便が必要です。

以上を踏まえて、『一念多念証文』の

おほよそ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり。これを要門といふ。これを仮門となづけたり。この要門・仮門といふは、すなはち『無量寿仏観経』一部に説きたまへる定善・散善これなり。定善は十三観なり、散善は三福九品の諸善なり。これみな浄土方便の要門なり、これを仮門ともいふ。この要門・仮門より、もろもろの衆生をすすめこしらへて、本願一乗円融無碍真実功徳大宝海にをしへすすめ入れたまふがゆゑに、よろづの自力の善業をば、方便の門と申すなり。

を読まれれば、本願一乗が真実の法門で、それ以外の法門(八万四千の法門)は権仮方便の法門であるという法門の関係を教えられたお言葉であることが分かると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/17-8a0d33e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。