Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/177-25a9fe1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親鸞会の会員さんは、親鸞聖人のお言葉ではなく、高森会長の話が根拠になっていることに気が付かなければならない

前回の記事前々回の記事に、冨田信様より多くのコメントを頂きました。
そして、そのコメントに対して私に代わって、返事をして下された脱会者様、GW様、有難うございました。

冨田さんの主張は以下のコメントに集約されます。

仏の眼から見ればというのが前提で全人類は五逆謗法の者。
全人類は五逆謗法の者と言う人がいても、心の底は全く自分の事と思っていないのが現状であると思います。
本願まことであったと知らされた人は十方衆生は私の事であった、五逆謗法は私の事であった、しかも本願からも唯除されていたとしらされるのです。


しかし、「全人類は五逆謗法の者」という主張が、親鸞聖人の教えに反することは、既に前々回の記事で以下のように説明してあります。

親鸞会の会員さんは、「五逆罪、謗法罪を造っていない人などいるのか?」と思われると思いますが、親鸞聖人が書写なされ、同行に拝読を勧められていた『唯信鈔』には、

われら罪業おもしといふとも五逆をばつくらず

とあり、親鸞聖人が法然聖人の法語などを収集された『西方指南抄』には、

三宝の世にむまれて、五逆をつくらざるわれら、弥陀の名号をとなえむに、往生うたがふべからず。

と教えられています。法然聖人、親鸞聖人、聖覚法印ともに「五逆をつくらず」です。

このように、「弥陀は全人類を逆謗の一機と見抜かれた」ということは、根拠がないだけでなく、善知識方の教えに反しているので、誤りだと言っているのです。


さて、根拠のある話と根拠のない話の記事で、私は以下のように書きました。

高森会長の説く教えが、親鸞聖人の教えに合致しているかどうかは、お聖教上のお言葉によってしか判定できません。どうしても、自分でお聖教を拝読する必要があるのです。

(1)まず、高森会長の説くことに対応するお聖教上のお言葉が存在するのかどうかが大事です。お聖教上のお言葉が存在しなければ、それは「高森会長の教え」であって、親鸞聖人の教えではありません。
(2)次に、高森会長の説くことに対応するお聖教上のお言葉が提示されている場合、その意味が正しく説明されているかどうかが問題になります。これには、提示されたお言葉を前後も含めて拝読し、解釈が妥当かどうかを検討する必要があります。高森会長が意味を誤って説明しているならば、それも「高森会長の教え」であって、親鸞聖人の教えではありません。


コメント欄のでのやりとりを通して、「全人類は五逆謗法の者」という主張は、それに対応するお聖教上のお言葉が存在しないのですから、上記(1)のフィルターを通過できない「高森会長の教え」であることが鮮明になりました。

また、冨田さんは、本願文の「唯除五逆誹謗正法」や善導大師の機の深信のお言葉を挙げて、「弥陀は全人類を逆謗の一機と見抜かれた」という主張を展開しようとされましたが、その根拠の解釈に誤りがあることを前回の記事で説明しました。そして、その主張は、
「われら罪業おもしといふとも五逆をばつくらず」(唯信鈔)
「五逆をつくらざるわれら」(西方指南抄)

という親鸞聖人、法然聖人、聖覚法印のお言葉にも反しています。ということは、「弥陀は全人類を逆謗の一機と見抜かれた」という主張は、上記(2)のフィルターを通過できない「高森会長の教え」であるということです。

冨田さんのコメントを読みますと、親鸞聖人をはじめとする善知識方が何を言われていようと、「高森先生に絶対に間違いはない」ということが大前提になっていることを強く感じます。そして、それは多くの会員さんの気持ちだとも思います。しかし、親鸞聖人を祖師と仰ぐ親鸞学徒を自認するのならば、親鸞聖人やその親鸞聖人の尊敬された七高僧の教えにこそ従わねばなりません。善知識方のお言葉に明らかに反していながら、それでも自らの間違いが認められないのは、親鸞学徒ではなく、高森学徒だからです。

そうした冨田さんの最後の拠り所は、

「私はお言葉を信じる信じないのでなく、弥陀の本願まことと知らされた事が本で、それを教え
てくださったお釈迦様の教え間違いなかった、七高僧、親鸞聖人の教え間違い無かった、と知
らされただけです。」

「もうすでに無間地獄行き間違いなし、と弥陀よりハッキリてらし出されたので。
 二種深信の、機の深信記載しただけですけど」


とコメントされていることから分かるように個人的な体験でした。「七高僧、親鸞聖人の教え間違い無かった」と書かれていますが、現実には七高僧や親鸞聖人の教えを誤解されていたわけですから、この部分は「高森先生の教え間違いなかった」とするのが適切だと思われます。

冨田さんがどんな体験をしていらしていたとしても、それが親鸞聖人の教えに合致していなければ、異義・異安心です。また、善知識方のお言葉よりも、自らの体験を優先させる体験至上主義でもあります。

「十方衆生を弥陀がどう見られたか?」という御質問がありましたが、GWさんがコメントされた『教行信証信巻』の至心釈、信楽釈、欲生釈のお言葉で教えられています。これは、以前の記事「阿弥陀仏は十方衆生を逆謗の屍と見抜かれたのか? 」で現代語訳付で紹介してありますので、そちらも参照してください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/177-25a9fe1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。