Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/193-3c36bac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゼロからわかる仏教教室・勉強会」「一からわかる仏教講座」は親鸞会関係の講座です

前々回の記事では、各地の親鸞会関係のホームページで、行事日程が掲載されていないことについて書きました。
その後、ネット上を調べていたところ、親鸞会講師部員が、「ゼロからわかる仏教教室・勉強会」、「一からわかる仏教講座」といった名称で、講座を開催し、その日程をサイトに掲載していることが分かりました。

ゼロからわかる仏教教室・勉強会 仙台
http://japan-buddhism.com/tohoku/

ゼロからわかる仏教教室・勉強会 新潟
http://nigata-buddhism.info/

ゼロからわかる仏教教室・勉強会 札幌
http://japan-buddhism.com/sapporo/

一からわかる仏教講座 東京
http://japan-buddhism.com/

一からわかる仏教講座 横浜
http://japan-buddhism.com/yokohama/


上のサイト内の講師紹介では、浄土真宗親鸞会の講師であることが書かれています(東京以外のサイト)。過去、名前を出さない勧誘で、種々に批判を浴びたので、講師紹介の欄に「浄土真宗親鸞会」という名称を示したのでしょうが、その他の箇所では「浄土真宗親鸞会」という名称は書かれていません。

また、上の仙台のサイトでは、
レギュラー講座に参加されている対象に、更にメンバー登録をされた方は、 テキスト3冊(御文章、正信偈、解説冊子) 念珠、仏教が学べる小冊子(月1冊)、マンガ(月1冊)、新聞(月2部)がもらえ、 ご自宅でも、しっかりと学べます。
と書かれています。何も知らない人のために言っておきますと、上のもらえるものから見て、この「メンバーを登録する」とは、つまり「親鸞会に入会する」という意味です。

寺や大学、自己啓発セミナーに行って聞くという方法もありますが、講座が行われていなかったり、高額な受講料がかかったり、それでいて、聞きたい話は聞けなかったという事がよくあります。
とも書かれていますが、私が会に在籍していた当時(約5年前)、入会金が5万円(学生は2万円)でした。高額な入会金が必要なことも知っておいて頂きたいと思います。そして、毎月、富山で行われる高森会長の法話、座談会等では、お布施が必要です(約5年前で、通常の法話だと5千円、降誕会、報恩講といった大きな行事の場合は、1日数万円。)。

親鸞会のことを知らずに、、「ゼロからわかる仏教教室・勉強会」、「一からわかる仏教講座」に参加している方は、まず、親鸞会とは、どんな団体かを知って頂きたいと思います。当ブログのリンク欄のサイトを熟読することをお勧めしますが、リンクしているサイトは多いですので、まず、
親鸞会組織の問題点について、
さよなら親鸞会
を読んで知ってください。
教義面については、
浄土真宗親鸞会は、親鸞聖人のみ教えと同じか?
が問答形式で読みやすいと思います。
少し難しい内容もありますが、
親鸞会教義の誤り
親鸞会邪義を破る
は、内容がまとまっています。

一度きりの人生、絶対に後悔したくない方は、いろいろな方面から情報を集めた上で、浄土真宗親鸞会が、本当に信頼に足る団体であるかどうかを判断してください。

※2015年4月24日記事を一部修正しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/193-3c36bac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。