Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/203-a6ec4412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

十八願の対象と十九願の対象の相違について

親鸞会では、十九願にも十八願にも「十方衆生」とあることから、どちらの願もすべての人を対象にしていると解釈しています。

そして、上記の親鸞会教義が誤っていることは、様々なブログで、いろいろな角度から指摘されていますが、今回の記事では、親鸞聖人は、『教行証文類』では、十八願の対象と、十九願の対象をどのように教えられているのかという視点から、上述の親鸞会教義の誤りを正したいと思います。

まず、十八願の対象については、『行文類』で以下のように教えられています。

おほよそ誓願について真実の行信あり、また方便の行信あり。その真実の行の願は、諸仏称名の願(第十七願)なり。その真実の信の願は、至心信楽の願(第十八願)なり。これすなはち選択本願の行信なり。その機はすなはち一切善悪大小凡愚なり。往生はすなはち難思議往生なり。仏土はすなはち報仏・報土なり。これすなはち誓願不可思議一実真如海なり。『大無量寿経』の宗致、他力真宗の正意なり。

ここで、親鸞聖人は、阿弥陀仏の誓願には、真実の行信と方便の行信とがあることを、まず述べられて、真実の行、真実の信、その対象(機)、その往生、その仏土について明らかにされています。

真実の行信の対象、すなわち十八願の対象は、「その機はすなはち一切善悪大小凡愚なり」と教えられているように、一切の善人、悪人が含まれています。

一方、方便の行信である十九願の行信は、『化身土文類』で次のように、明らかにされます。

これによりて方便の願(第十九願)を案ずるに、仮あり真あり、また行あり信あり。願とはすなはちこれ臨終現前の願なり。行とはすなはちこれ修諸功徳の善なり。信とはすなはちこれ至心・発願・欲生の心なり。この願の行信によりて、浄土の要門、方便権仮を顕開す。この要門より正・助・雑の三行を出せり。この正助のなかについて、専修あり雑修あり。機について二種あり。一つには定機、二つには散機なり。また二種の三心あり。また二種の往生あり。二種の三心とは、一つには定の三心、二つには散の三心なり。定散の心はすなはち自利各別の心なり。二種の往生とは、一つには即往生、二つには便往生なり。便往生とはすなはちこれ胎生辺地、双樹林下の往生なり。即往生とはすなはちこれ報土化生なり。

ここで、十九願の対象は、「機について二種あり。一つには定機、二つには散機なり。」とありますように、十九願の対象は、定善を修める者(定機)と散善を修める者(散機)の二種です。

まとめますと、
十八願の機-一切善悪大小凡愚
十九願の機-定機、散機
です。

そして、「一切善悪大小凡愚」と「定機、散機」とを、区別して教えられたのが、親鸞聖人でした。

端的には、『正信偈』に
矜哀定散与逆悪(定散と逆悪とを矜哀して)
と示され、「定善を修める者・散善を修める者(定散)」と「五逆・十悪の者(逆悪)」とを、区別して教えられています。

上のまとめに対応させると、
十八願の機-一切善悪大小凡愚-定散・逆悪
十九願の機-定機、散機     -定散
です。

十九願の対象には、逆悪の機は含まれていません。

また、『愚禿鈔』では、十方衆生の機をより詳細に分類されています。

まず「二種の機」があることを教えられて、「二機とは、一には善機、二には悪機なり。」と大きく2つの機に分けられています。
そして、「また善機について二種あり。(中略) 一には定機、二には散機なり。」と、善機には、定機と散機があると説かれています。この「定機・散機」は、『化身土文類』の「定機・散機」と同じです。
一方、悪機については、「また悪機について七種あり。一には十悪、二には四重、三には破見、四には破戒、五には五逆、六には謗法、七には闡提なり。 」と七つの機を教えられています。

どこを拝読しても、「善機(定機・散機)」と「悪機(五逆・十悪など)」を、親鸞聖人は区別して教えられています。

上のまとめに、『愚禿鈔』のお言葉も加えると、
十八願の機-一切善悪大小凡愚-定散・逆悪-善機・悪機
十九願の機-定機、散機     -定散    -善機
です。

最近、いろいろなブログに親鸞会の会員と思しき人がコメントをしていましたが、十九願の対象は、すべての人(「善機+悪機」)ではなく、善機(定機、散機)のみと教えられたのが親鸞聖人であることがお分かり頂けたかと思います。一貫して、十九願は、定散諸機にすすめられたと教えられたのが親鸞聖人です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/203-a6ec4412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。