Entries

「三願転入を計らうな」なのか?、「18願を計らうな」なのか?

親鸞会ホームページの記事三願転入は弥陀のお計らいを読んでみましょう。

(※で示されている注は省きました)

「善をしなければならないのか」と尋ねる人がいる。
 言下に、こう答えたらよい。
「阿弥陀仏が、お勧めになられていることなのだ」と。

 本師本仏の阿弥陀仏には、四十八のお約束がある。世に名高い、弥陀の四十八願といわれるものだ。その中で「あらゆる人を救い摂る」と誓われた願は3つである。十八・十九・二十の三願のみである。
「どんな人をも、必ず絶対の幸福に救う」と誓われた十八願は、自らの意(本心)に随って建てられたもの。ゆえに随自意(ずいじい)の願とか、王本願といわれる。
 なにしろ、昿劫流転(こうごうるてん)の自惚れ強く、相対の幸福しか知らない我々を、絶対の幸福まで導くことは、難中の難事、善巧方便(ぜんぎょうほうべん)が不可欠だったのだ。
 十九・二十の二願は、そのために、阿弥陀仏が建立なされたものである。十八願、絶対界へ導くために、しばらく我々(他)の意に随って誓われたものだから、十九・二十を、随他意(ずいたい)の願といわれる。
 強情我慢で自惚れ強く、自力の執着から離れ切れず、流転を重ねる我々に、できるかできぬかやってみよ、気の済むまでやってみよ(十九・二十の随他意の願)。
 できないままを、無条件で救い摂る(十八の随自意の願)のが、弥陀の正意なのである。
 随自意、真実の願に誘引するための、随他意、方便の願だから、三願は孤立したものでないことを開顕なされたのが親鸞聖人の『教行信証』である。弥陀が、十八願のみで救済できるなら、方便二願を建てられるはずがない。
 その阿弥陀仏の十九の誓いは、「修諸功徳(しゅしょくどく)の願」と言われている。「諸(もろもろ)の功徳を修し」とは、諸善万行、善と教えられるものなら何でもしなさい。知っただけでは観念の遊戯、論語読みの論語知らず、になってしまう。実行しなければ、結果は分からない。「力一杯、功徳(善)を修めなさい」と、阿弥陀仏が十方衆生に勧められているのが十九の願である。

「では、信仰が進めば、救われるのか」と、聞きたい人がいるに違いない。

 それは、凡夫の計ろうべきことではない。ひとえに弥陀のお計らいである。阿弥陀仏の絶対の救済を、どうして我々が計らえようか。
 不可称・不可説・不可思議の弥陀の本願を計らうことの愚かさを、親鸞聖人は、こうたしなめられている。
「補処の弥勒菩薩をはじめとして、仏智の不思議を計らうべき人は候わず」(末灯鈔)
“最も仏に近い、弥勒菩薩でさえ、弥陀の本願力不思議は想像も思慮もできないのに、阿弥陀如来の仏智を計らえる人がいるはずないではないか”


この文章では、最後に『末灯鈔』のお言葉を引用して、「信仰が進めば、救われるのか」ということを計らうべきことでないと述べています。題や全体の文意からみて、「三願転入を計らうな」といいたいのでしょう。

しかし、『末灯鈔』のお言葉はそんなことを教えられたものではありません。前後も含めて引用すると、

また他力と申すことは、義なきを義とすと申すなり。義と申すことは、行者のおのおののはからふことを義とは申すなり。如来の誓願は不可思議にましますゆゑに、仏と仏との御はからひなり、凡夫のはからひにあらず。補処の弥勒菩薩をはじめとして、仏智の不思議をはからふべき人は候はず。しかれば、如来の誓願には義なきを義とすとは、大師聖人(源空)の仰せに候ひき。(末灯鈔第7通、御消息20通

とあります。ここで「如来の誓願は不可思議」とか「仏智の不思議」とは、「18願」のことをいわれているのであり、「18願を計らうべきでないこと」を述べられているのです。

また、「他力と申すことは、義なきを義とす(計らいのないことを根本の法義とする)」とも教えられています。「他力と申すことは、義なきを義とす」という表現やそれと類似のお言葉は、親鸞聖人の書かれたお聖教の上で、18願について教えられているところに見ることができます。2つほど例を挙げましょう。

また他力と申すことは、弥陀如来の御ちかひのなかに、選択摂取したまへる第十八の念仏往生の本願を信楽するを他力と申すなり。如来の御ちかひなれば、「他力には義なきを義とす」と、聖人(法然)の仰せごとにてありき。義といふことは、はからふことばなり。行者のはからひは自力なれば義といふなり。他力は本願を信楽して往生必定なるゆゑに、さらに義なしとなり。(末灯鈔第2通、御消息6通

大経往生といふは、如来選択の本願、不可思議の願海、これを他力と申すなり。
(中略)
これを難思議往生と申す。これをこころえて、他力には義なきを義とすとしるべし。(浄土三経往生文類


その他、『正像末和讃・自然法爾章』などでも説かれています。


つまり、『三願転入は弥陀のお計らい』の記事の中に引用されている『末灯鈔』のお言葉は、「18願を計らうべきでないこと」を教えられたものであり、「三願転入を計らうべきでないこと」とするのは誤りです。

18願に転入するのには、
・善をしなければならない
・信仰が進まなければならない
などと思っているとするならば、如来の誓願、仏智の不思議(18願)を計らっているということです。
「そのような計らいを捨てよ」と教えられているのです。
スポンサーサイト

コメント

[C17]

しかし「凡夫が計らうべきことではない」って、完全に「思考停止して活動だけしてりゃいい」という意図が見え見えなのですが・・・
  • 2010-06-13 12:17
  • 淳心房
  • URL
  • 編集

[C18]

>淳心房様

余計なものを見るな
余計なことを考えるな
余計なことを聞くな
黙っていわれた通りにしていなさい
ということでしょう。。。
  • 2010-06-13 21:12
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

[C19]

在籍中、「仏意計り難し」といいながら、なぜ19願を「実際やらせてみて、善の出来無い自己を知らせるために建てられた願だ」などど、仏意を分かったように言っているのか疑問でした。

「信仰が進む」というどこにも根拠のない造語を堂々と書いて謗法もはなはだしいですよね。
  • 2010-06-13 21:16
  • mary
  • URL
  • 編集

[C20]

ご名号も切り貼りなら、聖典のお言葉も都合のよい切り貼り。
会長にとって仏教は自分の財欲、名誉欲を満たすために利用する道具であり、親鸞聖人はお名前や権威を借りるための方なんでしょうね。

  • 2010-06-13 21:47
  • Rudel
  • URL
  • 編集

[C21]

>mary様、Rudel様

外から見れば、謗法罪を犯し、親鸞聖人の教えを破壊している団体ということがよく分かるのですが、内部にいるとなかなか気が付けないものです。何とか内部の人に気が付いてもらいたいです。
  • 2010-06-14 00:39
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/37-58d4bcfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR