Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/43-4fac516a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

すべて如来の方から

降誕会ーこんな説法は「浄土真宗の破壊」ですに関連して。

『教行証文類』を拝読すると、如来の回向ということが至る所で教えられています。
いくつか抜粋して引用しました。

現役会員の方で「二千畳は無上甚深の功徳の宝を取引をするところ」が、なぜ「浄土真宗の破壊」なのか分からない方は、以下の引用したお言葉を繰り返し拝読してみて下さい。教学聖典には一つも出ていませんが、いずれも『教行証文類』(『教行信証』)のお言葉です。親鸞聖人の教えが「本願力の回向」で貫かれていることが分かると思います。


つつしんで浄土真宗を案ずるに、二種の回向あり。一つには往相、二つには還相なり。往相の回向について真実の教行信証あり。(教文類)

つつしんで往相の回向を案ずるに、大行あり、大信あり。(行文類)

あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。(行文類)

つつしんで往相の回向を案ずるに、大信あり。(信文類)

しかれば、もしは行、もしは信、一事として阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまふところにあらざることあることなし。因なくして他の因のあるにはあらざるなりと、知るべし。(信文類)

しかれば大聖(釈尊)の真言、宗師(善導)の釈義、まことに知んぬ、この心すなはちこれ不可思議不可称不可説一乗大智願海、回向利益他の真実心なり。これを至心と名づく。(信文類)

しかるに煩悩成就の凡夫、生死罪濁の群萌、往相回向の心行を獲れば、即のときに大乗正定聚の数に入るなり。(証文類)

それ真宗の教行信証を案ずれば、如来の大悲回向の利益なり。ゆゑに、もしは因、もしは果、一事として阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまへるところにあらざることあることなし。因、浄なるがゆゑに果また浄なり。知るべしとなり。(証文類)

しかれば大聖の真言、まことに知んぬ、大涅槃を証することは願力の回向によりてなり。還相の利益は利他の正意を顕すなり。ここをもつて論主(天親)は広大無碍の一心を宣布して、あまねく雑染堪忍の群萌を開化す。宗師(曇鸞)は大悲往還の回向を顕示して、ねんごろに他利利他の深義を弘宣したまへり。仰いで奉持すべし、ことに頂戴すべしと。(証文類)

安楽仏国に到れば、すなはちかならず仏性を顕す。本願力の回向によるがゆゑに。(真仏土文類)



すべて阿弥陀如来の方からです。

それを拒絶していること、すなわち疑情一つが問題なのです。


こちらから何も差し出すものはありません。
それなのに、「どうすれば」、「どう聞けば」、「もっと真剣になれば」、「もっと善をできたら」、「ド真剣に聞けたら」、「どう思ったら」、「善ができないことが知らされたら」、「どう聞いたら」、「何か心境が変化したら」、「二千畳に参詣したら」、「信仰が進んだら」などというように、弥陀の救いを計らっていることが、こっちから弥陀に何かを差し出そうとしているすがたであり、弥陀の救いを拒絶しているすがたなのです。それを捨てよと言われているのです。


断じて「取引」などではありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/43-4fac516a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。