Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/51-917c958e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

破れ茶碗を合わせてみるのは

昭和33年発行の高森顕徹著『顕正』(132-133頁)に、以下の話があります。

或る同行が、ある和上に「自力の念仏は一方では、不果遂者の誓願があるから称えて居れば信心が獲られるという人もあれば、又一方では自力念仏は、如来聖人さまがおきらいなれば江戸ウタを謡うよりも悪いという人もあるが、何れがよろしいか」と尋ねた時、和上は「破れ茶碗は捨てもので、それを合わせてみるのは未だ使ってみるつもりがあるからじゃ、お前は自力念仏の間に合うか、合わぬかを尋ねるのは間に合わす気であろう」と喝破せられたという。


さて、ここで、以前このブログで引用した公式サイトの『三願転入は弥陀のお計らい』を見てみましょう。


「善をしなければならないのか」と尋ねる人がいる。
 言下に、こう答えたらよい。
「阿弥陀仏が、お勧めになられていることなのだ」と。
(以下略)



この「善をしなければならないのか」と尋ねた人が、「獲信の因縁として」善をしなければならないのかという意味で尋ねたならば、言下に、こう答えたらよいですね。

「破れ茶碗は捨てもので、それを合わせてみるのは未だ使ってみるつもりがあるからじゃ、お前は自力諸善の間に合うか、合わぬかを尋ねるのは間に合わす気であろう」と。

『顕正』では、20願に当たる自力念仏を誡めています。
それならば、19願に当たる自力諸善も誡めなければ論理が一貫しません。


また、同じ『顕正』に高森会長が「教家は常に虎の説法をしなければならない」と、法を説くものは常に18願の説法をしなければならないと書いていたことが、
『親鸞会教義の誤り 宿善とは5』
『真偽検証 時代と共に変わる教え(2)』
『飛雲 三重廃立』
で取り上げられています。


ところが、現在では「親鸞聖人の教えの根基は三願転入」というところに腰を据えて話をしています。これは、『顕正』の文章からは考えられないことです。


では、昔の説き方と今の説き方のどちらがよいのでしょうか?
このブログで繰り返し書いてきたことですが、親鸞聖人は18願一つ勧めておられます。したがって、「教家は常に虎の説法をしなければならない」という説き方が親鸞聖人の御心にかなっているのです。


現役会員の皆様には、まず、「高森会長の説いていることは一貫していない」という事実をあきらかにみて頂きたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/51-917c958e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。