Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/65-f3ff144e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浄土真宗ならば「諸善は阿弥陀仏が往生の行として選び捨てられた」と説くべきです

親鸞聖人は、『高僧和讃』源空讃に、

本師源空世にいでて 弘願の一乗ひろめつつ
日本一州ことごとく 浄土の機縁あらはれぬ

智慧光のちからより 本師源空あらはれて
浄土真宗をひらきつつ 選択本願のべたまふ


と仰り、本師源空聖人がひろめられたのは、「弘願の一乗」「選択本願」、すなわち阿弥陀仏の第十八願であることを述べられています。つまり、浄土真宗とは十八願のご法義であります。

その法然聖人の主著が『選択本願念仏集』であることは、親鸞会会員の人も知っているでしょうが、「選択」の意味を知る人はいないに等しいと思います。

『選択本願念仏集』本願章に、

「選択」とはすなはちこれ取捨の義なり。

と教えられているように、「選択」とは、選び取り、選び捨てるということです。

では、どなたが、何を選び取り、何を選び捨てられたのでしょうか?

本願章の標章の文に

弥陀如来、余行をもつて往生の本願となさず、ただ念仏をもつて往生の本願となしたまへる文

とあるように、第十八願において、阿弥陀如来が、往生の行として諸行を選び捨てられ、称名念仏の一行を選び取られたのです。このことは、本願章の中では、

すなはちいま前の布施・持戒、乃至孝養父母等の諸行を選捨して、専称仏号を選取す。ゆゑに選択といふ。

とも教えられています。そして、

問ひていはく、あまねく諸願に約して粗悪を選捨し善妙を選取すること、その理しかるべし。なんがゆゑぞ、第十八の願に、一切の諸行を選捨して、ただひとへに念仏一行を選取して往生の本願となしたまふや。
答へていはく、聖意測りがたし。たやすく解することあたはず。しかりといへどもいま試みに二の義をもつてこれを解せば、一には勝劣の義、二には難易の義なり。


と、「勝劣の義」、「難易の義」を挙げられて、選択の理由を述べられています。阿弥陀仏は、一切の諸行は難行であり劣行であるから選び捨てられ、最も勝れた徳をもつ行であり、しかも最も易しい行であるから称名念仏の一行を決定往生の行として選び取られたのです。しかも、それは、法蔵菩薩の一切の衆生を分け隔てなく救おうという平等の大悲に促されての選択でした。これは、

まさに知るべし、上の諸行等をもつて本願となさば、往生を得るものは少なく、往生せざるものは多からん。しかればすなはち弥陀如来、法蔵比丘の昔平等の慈悲に催されて、あまねく一切を摂せんがために、造像起塔等の諸行をもつて往生の本願となしたまはず。ただ称名念仏一行をもつてその本願となしたまへり。

と教えられています。

また、親鸞聖人は、『行文類』に『選択集』の結論ともいうべき「三選の文」を引文されています。

それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて、選んで浄土門に入れ。浄土門に入らんと欲はば、正・雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛ちて、選んで正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正・助二業のなかに、なほ助業を傍らにして、選んで正定をもつぱらにすべし。正定の業とはすなはちこれ仏の名を称するなり。称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに。

最後に「称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに」と言い切られたのは、称名は阿弥陀仏が選取された本願の行であるからです。本願の行であるから必ず往生することができると言われたのです。

そうして、ふたごころなく一心に選択本願の念仏一行を称えることを法然・親鸞両聖人は勧められました。その根拠として、いまは、『教行証文類・総序』の御文を挙げておきましょう。

穢を捨て浄を欣ひ、行に迷ひ信に惑ひ、心昏く識寡く、悪重く障多きもの、ことに如来(釈尊)の発遣を仰ぎ、かならず最勝の直道に帰して、もつぱらこの行に奉へ、ただこの信を崇めよ。

(現代語訳)『聖典セミナー 教行信証[教行の巻]』(梯實圓著・本願寺出版)78-79頁より引用

煩悩に汚れた穢土を厭い、清らかな涅槃の浄土を願いながら、自力のはからいをまじえて本願を疑うから、歩むべき行道に迷い、まことの信心の何たるかを知らずに惑い続け、心は迷妄に閉ざされて暗く、さとらねばならない大切な事柄についてはあまりにも無知であり、しかも身に具えた悪は重く、障りの多いものは、とりわけ浄土往生を勧めたまう釈迦如来の発遣を仰ぎ信じ、最も勝れたさとりへの道である本願に帰依して、如来よりたまわったこの行にひたすら奉え、ひとえにこの信心を崇めなさい。


親鸞聖人は、『末灯鈔』第一通に、

浄土宗のなかに真あり、仮あり。真といふは選択本願なり、仮といふは定散二善なり。選択本願は浄土真宗なり、定散二善は方便仮門なり。浄土真宗は大乗のなかの至極なり。

とも教えられています。ここでも、第十八願のご法義が浄土真宗であることが述べられています。


浄土真宗を名乗るならば、選択本願(十八願)に立脚して、「阿弥陀仏は、一切の諸善を往生の行として選び捨てられ、称名念仏の一行を往生の行として選び取られた」と説くべきです。

「三願転入を計らうな」なのか?、「18願を計らうな」なのか?で取り上げた親鸞会公式サイトの記事「三願転入は弥陀のお計らい」の書き出しは、

「善をしなければならないのか」と尋ねる人がいる。
 言下に、こう答えたらよい。
「阿弥陀仏が、お勧めになられていることなのだ」と。


でした。十八願に立って教えを説いていたらとても出てこない言葉だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/65-f3ff144e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

いつもの元会員

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。