Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C105] 笑った

「マンガ『歎異抄をひらく』の衝撃度」
新作ですね。
林遊はわりとこのマンガのファンなんですよ。
いかに『歎異抄』を誤解しているかの悪しき見本としてなのですが、最近は大谷派が攻撃対象みたいですね。
  • 2010-08-17 16:21
  • 林遊@なんまんだぶ
  • URL
  • 編集

[C106]

例のマンガ、面白いですね。
「今晩聞いて今晩救われる」
「弥陀の救いが無条件の救いであることは経釈に明らか」
「それが信じられず難しく考えるあんたが間違っている」

いや~、まさにその通りでしたとしか言いようが無いんですけどね。
昔の会長はそのように説いていたらしいんですけどね・・・。
  • 2010-08-18 11:35
  • Rudel
  • URL
  • 編集

[C107]

>林遊@なんまんだぶ様

「マンガ『歎異抄をひらく』の衝撃度」では、今まで大谷派を攻撃対象にしていましたが、最新作では「体験至上主義の異安心」を仮想敵として、でっちあげましたね。何かと仮想敵を創りだして、内部統制をはかろうとするのが親鸞会です。


>Rudel様

「今晩聞いて今晩救われる」
「弥陀の救いが無条件の救いであることは経釈に明らか」
「それが信じられず難しく考えるあんたが間違っている」
という本物のご法義から会員さんを遠ざけるようなマンガが掲載されているのが「顕正新聞」です。「顕正」どころか、「謗法」です。はやく会員さんに気が付いてもらいたいと念じております。
  • 2010-08-19 01:12
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/79-9e06e49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親鸞会を去って1年

私が親鸞会を去って、昨日でちょうど1年が経ちました。辞めた最大の理由は、親鸞会教義が浄土真宗の教義と異なると思ったからです。

そして、私が親鸞会を去った後も、親鸞会は教義批判に対して何一つまともな反論をすることができず、今日に至っています。主なものを挙げると、
・ブログ『親鸞会教義の誤り』に対する反論を上司に依頼した特専部員を除名
(参照:『さよなら親鸞会』投稿:ある特専部員の除名の真相(後編)
・mixiでの三願転入の議論においてこうへい氏の逃亡
(参照:『苦笑の独り言』
【投稿】卑怯なコメント無断削除&強制退会してんじゃね~よ!!【再掲載】
【分割・再掲載】某コミュニティ「三願転入」トピック【保存・ロック】#0~199
【分割・再掲載】某コミュニティ「三願転入」トピック【保存・ロック】#200~399
【分割・再掲載】某コミュニティ「三願転入」トピック【保存・ロック】#400~599
【分割・再掲載】某コミュニティ「三願転入」トピック【保存・ロック】#600~
・最近の『浄土真宗親鸞会 奥越親鸞学徒の集い』『飛雲』の論争
があります。

教義批判に正面から答えることができないので、いろいろな親鸞会批判サイトにあるような文言を用いた文章を読ませて、それらを一括して「体験至上主義」と批判し、現役会員がネット情報に触れたときの免疫づくり励むこと位しかできていません。最近公式サイトにアップされたマンガ『歎異抄をひらく』の衝撃度「恐るべし 体験島」の巻も、現役会員に投与されたワクチンの一つでしょう。


また、ある人から聞いたことですが、口頭のみの連絡で、親鸞会批判に対する意見を伝達するのはなぜでしょうか?
文書にしてしまうと、それが流出して再び叩かれるのを恐れてのこととしか、私には思えません。

講師部員は、退会者を破邪顕正しにいくわけでもなく、現役会員に退会者に近づくなと呼びかけ、会員の流出を防ごうと防戦一方です。
「破邪顕正せざるものは、仏弟子にあらず」
「親鸞学徒は、破邪顕正することを使命と致します」
は、結局、かけ声だけだったのですね?


現役の会員の皆様は、親鸞会上層部からの大本営発表ばかりを聞かされているので、どんな非難があるのかを正確に把握することはできていないと思います。せめて親鸞会を批判するこのようなブログに辿り着いた方には、このブログのリンク先のサイトにアクセスして、親鸞会と親鸞会を批判する者とどちらがお聖教に基づいているのか、自分の頭で判断して頂きたいと思います。

私は親鸞会を辞めて、この1年間、主に仏教書を読んで親鸞聖人の教えを学びましたが、お聖教に基づいて教えを説かれている方々は複数おられます。未だ親鸞会に留まっている方々には親鸞会という狭い世界に閉じこもっていないで、もっと広い世界を見て頂きたいと念じております。
スポンサーサイト

コメント

[C105] 笑った

「マンガ『歎異抄をひらく』の衝撃度」
新作ですね。
林遊はわりとこのマンガのファンなんですよ。
いかに『歎異抄』を誤解しているかの悪しき見本としてなのですが、最近は大谷派が攻撃対象みたいですね。
  • 2010-08-17 16:21
  • 林遊@なんまんだぶ
  • URL
  • 編集

[C106]

例のマンガ、面白いですね。
「今晩聞いて今晩救われる」
「弥陀の救いが無条件の救いであることは経釈に明らか」
「それが信じられず難しく考えるあんたが間違っている」

いや~、まさにその通りでしたとしか言いようが無いんですけどね。
昔の会長はそのように説いていたらしいんですけどね・・・。
  • 2010-08-18 11:35
  • Rudel
  • URL
  • 編集

[C107]

>林遊@なんまんだぶ様

「マンガ『歎異抄をひらく』の衝撃度」では、今まで大谷派を攻撃対象にしていましたが、最新作では「体験至上主義の異安心」を仮想敵として、でっちあげましたね。何かと仮想敵を創りだして、内部統制をはかろうとするのが親鸞会です。


>Rudel様

「今晩聞いて今晩救われる」
「弥陀の救いが無条件の救いであることは経釈に明らか」
「それが信じられず難しく考えるあんたが間違っている」
という本物のご法義から会員さんを遠ざけるようなマンガが掲載されているのが「顕正新聞」です。「顕正」どころか、「謗法」です。はやく会員さんに気が付いてもらいたいと念じております。
  • 2010-08-19 01:12
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/79-9e06e49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。