Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/89-4efe224d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『「一実円満の真教」を聴聞してこそ「一実円満の行信証」を頂くことが出来る』という言い方を考える

親鸞会では、以下のようなことが言われます。

親鸞聖人の主著『教行信証』を観ても先ず「教」が説かれて「行信証」がある。
「教」のない「行信証」は、親鸞聖人にはないのである。
「一実円満の真教」を聴聞してこそ「一実円満の行信証」を頂くことが出来るのだ。
この一実円満の真教の、親鸞聖人の教えを説かないのは絶対に浄土真宗ではないのである。



この中の「一実円満の真教」とは、『信文類』の

横超とはすなはち願成就一実円満の真教、真宗これなり。

が出拠だと思います。

そして、上のお言葉の中の「横超」は、親鸞会でも説明されているとおり、阿弥陀仏の第十八願のことです。

つまり、『「一実円満の真教」を聴聞してこそ「一実円満の行信証」を頂くことが出来るのだ』とは、『阿弥陀仏の第十八願を聴聞してこそ、「一実円満の行信証」を頂くことが出来るのだ』と言っているのです。

ところが、最近の親鸞会では、十八願を説くことよりも、「三願転入の教え」、その中でも十九願を説くことに力を入れているようです。

『「一実円満の真教」とは「三願転入の教え」のことである』とは、親鸞聖人のお言葉のどこを読んでもでてきません。それどころか、親鸞会が力を入れている十九願については、親鸞聖人は『信文類』の上のお言葉に続いて、

また横出あり、すなはち三輩・九品、定散の教、化土・懈慢、迂回の善なり。

と教えられています。親鸞聖人が教えられているように、横出(十九願)とは、『大無量寿経』の三輩段や『観無量寿経』の九品段に説かれている定善、散善の行によって、方便化土である懈慢界に往生するという遠回りの善行を説く教えであり、「一実円満の真教」である「横超」とは別の教えです。

親鸞聖人のお勧めは、十八願一つを聞くことです。それは、『教行証文類・総序』の

誠なるかな、摂取不捨の真言、超世希有の正法
聞思して遅慮することなかれ。


のお言葉に明らかです。

『「一実円満の真教」を聴聞してこそ「一実円満の行信証」を頂くことが出来る』と親鸞会でも言っているのですから、会員の皆様は「十八願一つ」を正しく説く方から教えを聞かれたらよいと思います。


今回の記事の最後に一言。。。
「本願寺の宗制が・・・」と最近盛んに書いているブログがあるので、実際に『浄土真宗本願寺派宗制』を見てみました。浄土真宗本願寺派 - Wikipediaからリンクされていました。その中の『第3章 教義』には以下のように書かれています。

 浄土真宗の教義の大綱は『顕浄土真実教行証文類』に顕示された本願力による往相・還相の二種の回向と、その往相の因果である教・行・信・証の四法である。
 教とは『仏説無量寿経』、行とは南無阿弥陀仏、信とは無疑の信心、証とは滅度である。真実の教である『仏説無量寿経』に説き示された南無阿弥陀仏の名号を疑いなく聞く信心によって、現生には正定聚に住し、当来には阿弥陀如来のさとりそのものの世界である浄土に往生して滅度の仏果を証する。
 信心は、阿弥陀如来の大智大悲の徳を具えた名号をいただくことであるから、往生の正因となる。信心決定の上は、報恩感謝の思いから、仏徳を讃嘆する称名念仏を相続する。これを信心正因、称名報恩というのである。
 教・行・信・証の四法は、衆生が浄土に往生する相であるから、これを往相という。浄土に往生して仏果を得れば、おのずから大悲を起こし、生死の世界に還り来って自在に衆生を済度するのであり、これを還相という。往相も還相も、ともに本願力回向の利益である。これが自力心を否定した他力の救いであり、すべての衆生が、無上涅槃を証ることのできる誓願一仏乗の大道である。


阿弥陀仏の第十八願の法義を二回向四法の教義体系で明らかにされたのが『教行証文類』であることは、

つつしんで浄土真宗を案ずるに、二種の回向あり。一つには往相、二つには還相なり。往相の回向について真実の教行信証あり。(教文類)

と親鸞聖人ご自身が仰っていることです。

はたして親鸞会は、「一実円満の真教」を説いているのかどうか、現役親鸞会会員の皆様一人一人に検証してもらいたいと念じております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/89-4efe224d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。