Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C115]

これはひどい。
完全に浄土仏教の否定ですね。
一乗と言いたいのかとも思いましたが、会長が一乗などという言葉も概念も知っているわけありませんしね。
  • 2010-09-28 13:01
  • Rudel
  • URL
  • 編集

[C116]

Rudel様

私も最初は一乗ということをいいたいのかと思いました。しかし、会長は何も知らないので、それはないと考えられます。

「親鸞会の『化身土文類』要門釈や『一念多念証文』の解釈はおかしい」というネット上批判に対する予防策として、会員に向けた説明を行ったものと推測されます。
  • 2010-09-28 15:19
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

[C117]

元々 お釈迦様は浄土門、聖道門と分けて 一切経を 説かれたのではない。
と 言うような話を 参詣した人から聞きましたが…。
  • 2010-09-29 19:49
  • 柳に風
  • URL
  • 編集

[C118]

柳に風様

コメント有り難うございました。会員のブログからの引用なので、前後が不明なこと、人によって受け取り方の違いがあることなどがあります。座談会の内容全体を知りたいものです。
  • 2010-10-01 09:05
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/97-91e04333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

また珍説ですか???ー2000畳座談会

「浄土真宗親鸞会 熊本火の国のひろば」仏教に2つも3つもないより引用。

2000畳座談会で、特に心に残ったのは、

仏教に聖道門と浄土門と2つあるように思うのは、聞き誤りである

とお聞きしたことでした。


どのような文脈で出てきたのかは分かりませんが、9/19(日)の2000畳座談会で、上記の発言があったそうです。


もはやどんな発言が出ても驚きませんが、

おほよそ一代の教について、この界のうちにして入聖得果するを聖道門と名づく、難行道といへり。この門のなかについて、大・小、漸・頓、一乗・二乗・三乗、権・実、顕・密、竪出・竪超あり。すなはちこれ自力、利他教化地、方便権門の道路なり。
安養浄刹にして入聖証果するを浄土門と名づく、易行道といへり。この門のなかについて、横出・横超、仮・真、漸・頓、助正・雑行、雑修・専修あるなり。(化身土文類)


などのお言葉をどう理解するのでしょうか?


以前取り上げた「二千畳は無上甚深の功徳の宝を取引をするところ」もでそうですが、現役会員さんは、いままで聞いたことのないことを聞くと感動するようですね。
スポンサーサイト

コメント

[C115]

これはひどい。
完全に浄土仏教の否定ですね。
一乗と言いたいのかとも思いましたが、会長が一乗などという言葉も概念も知っているわけありませんしね。
  • 2010-09-28 13:01
  • Rudel
  • URL
  • 編集

[C116]

Rudel様

私も最初は一乗ということをいいたいのかと思いました。しかし、会長は何も知らないので、それはないと考えられます。

「親鸞会の『化身土文類』要門釈や『一念多念証文』の解釈はおかしい」というネット上批判に対する予防策として、会員に向けた説明を行ったものと推測されます。
  • 2010-09-28 15:19
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

[C117]

元々 お釈迦様は浄土門、聖道門と分けて 一切経を 説かれたのではない。
と 言うような話を 参詣した人から聞きましたが…。
  • 2010-09-29 19:49
  • 柳に風
  • URL
  • 編集

[C118]

柳に風様

コメント有り難うございました。会員のブログからの引用なので、前後が不明なこと、人によって受け取り方の違いがあることなどがあります。座談会の内容全体を知りたいものです。
  • 2010-10-01 09:05
  • いつもの元会員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrankaikansatu.blog133.fc2.com/tb.php/97-91e04333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:いつもの元会員
名号は 如来の御名と 思ひしに わが往生の すがたなりけり
(蓮如上人)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。